youtube association
by naruse tomoki

2018年には動画が総トラフィックの75%に

これからの時代、インターネットメディアの中でも最も大きなメディアは「動画メディア」になっていくかもしれません。

インターネットメディアに限らず、主要マスメディアがテクノロジーの進化に伴って、新聞や雑誌からラジオに移り、更にはテレビに移っていきました。「テキスト ⇒ 音声 ⇒ 映像」と、メディアの形が変化していったように、インターネット空間の中でも同じようにメディアの形が変わっていくことも自然なことと言えます。

アメリカのCisco Systemの研究と予測では、2018年には動画が総トラフィックの75%になっていくとのことです。

yu_ciscovideo
参考、http://www.cisco.com/c/en/us/solutions/collateral/service-provider/vni-service-adoption-forecast/Cisco_VNI_SA_Forecast_WP.html


もちろん、新聞やラジオにしかない役割があり、今でも需要があるように、インターネットにおいても、テキストデータ、音声データにもそれぞれの役割がありますし、これからも需要が無くなることはないと思います。しかし、今後インターネットビジネス・インターネットマーケティングを考える上で「YouTube」というメディアは、最も大きなメディアのひとつになる可能性は、控え目に見てもかなり高いと言えるのではないでしょうか。

YouTubeを使った2種類の稼ぎ方

YouTubeを使った稼ぎ方は、大きく分けて2種類に分けることができます。ひとつの稼ぎ方、お馴染み「YouTubeアドセンス」です。

YouTuberの登場によって、一気に普及したYouTubeアドセンスですが、動画が再生されるごとに動画に掲載された広告から収益が発生していく「広告ビジネス」です。

人気のテレビ番組を作ればCMのスポンサーが現れるように、どれだけ人気の動画を作れるか、またどれだけ人気のチャンネルを作ることができるかどうかによってYouTubeアドセンスで稼げる報酬は変わってきます。

もうひとつの稼ぎ方は、YouTubeをマーケティングの一環として取り入れていく方法です。動画をマーケティング戦略に取り入れることを「YouTubeマーケティング」あるいは「動画マーケティング」と言うこともあります。

たとえば、YouTubeは検索エンジンにも強いので、検索エンジンユーザーのアクセスを自分がYouTubeに投稿した動画にそのまま集めることもできます。あるいは自分のYouTube動画からメルマガ登録を促す、あるいは自分のブログにアクセスを流すための集客メディアとしてもYouTubeを使うことができます。

なぜ「動画メディア」なのか?

動画には、テキストや音声には無い「動画にしかできない役割」があります。テキストや音声にもそれぞれの役割がありますが、動画には「動画にしか伝えられない種類の情報」があるからです。

文字よりも映像で伝えた方が伝わりやすいもの、わかりやすいものは「動画」という形式でユーザーに情報を提供していくべきではないでしょうか。たとえばギターの弾き方や料理のレシピなどを伝えるためには、文字よりも映像の方がわかりやすいと思います。

「今、稼げるノウハウ」と「これからも廃れないノウハウ」はどちらが大切か?

「マーケティング」「コピーライティング」「心理学」etc・・・インターネットビジネスを学んでいくと、自然とこういったテーマに触れることになるかと思います。

「これからも廃れない稼ぎ方」とは、言い換えれば「抽象的なスキルを身に付けていく」ということです。

インターネットを使ってパソコンに向かっているだけとは言え、お客さんは間違い無く「人」なのですから、「人」に焦点を当てたスキルや知識に目を向けていくことは、ビジネス力の基盤を底上げするためにも間違い無く大切です。

しかし、私達のようなベンチャー企業、個人事業主を含めてスモールビジネスで稼いでいるのであれば「稼ぎやすい市場」「稼ぎやすいノウハウ」を見つけることのできる嗅覚、また「それを実践するタイミング」を見極められる力も同じくらい大切だと思うのです。

今だからこそ稼ぎやすい方法と、これからも稼げる方法

もちろん、とにかくいつも「稼ぎやすい市場」や「稼ぎやすいノウハウ」を探したり、狙っていくことだけにこだわってはいけません。

しかし「稼ぎやすいビジネスモデル」があるにも関わらず、あえて取り組まない理由は無いはずです。YouTubeは今なお「最も急成長し続けているメディア」です。

成長段階の市場には、稼ぎやすいチャンスがたくさん転がっているものです。更に、YouTubeには「これからの将来性」もあるのです。

細かいテクニックを使ってYouTubeアドセンスで稼いでいく方法は、成長段階のメディアだからこそ「稼ぎやすいノウハウ」です。逆に、YouTubeマーケティングはこれからも廃れにくい「将来性のあるビジネスモデル」です。

せっかくなのですから、どちらも攻略してしまいましょう。この「youtube association」は、YouTubeにおいて「今だからこそ稼ぎやすい方法」と「これからも長く稼げるノウハウ」の両方のどちらも攻略してしまおう、という目的で作成した限定レポートです。

「youtube association」全体像

Class1:YouTubeアドセンス
動画を投稿して、動画が再生されるだけでお金を稼ぐことができる「YouTubeアドセンス」について、「これからも稼ぎ続けられる王道手法」と「今だからこそ稼げるYouTubeアドセンスの稼ぎ方」の両方を紹介していきます。

王道手法というのは、これからのYouTubeの傾向やGoogleの目的を押さえた動画を投稿していくことで、これから先YouTubeが成熟しても長い間稼ぎ続けることができるであろう動画を作って稼ぐ方法です。

これまでのインターネット市場の傾向から考えられる「こういう動画がこれから伸びていく」という、今後を見据えた動画コンテンツの種類やその作り方を解説しています。また「今だから稼げる稼ぎ方」は、決して違法アップロードを行う、あるいは規約違反のグレーな動画をアップロードしていくというリスクのある手法では決してありません。

YouTubeが成長段階だからこそ稼げる「今だから稼げる動画」の事例や作り方を紹介していく内容になっています。

内容の一部を紹介すると・・・

・ YouTubeアドセンスで稼ぐための核心と言える「たった2つのやるべきこと」とは。(多くの稼げていないYouTuberも含めて、アドセンスで稼げていない理由はこの2つができていないからです。まずはこの2つのやるべきことだけに集中して下さい。逆に言えば、それ以外のことに気を向けてしまうからこそ、やるべきことを見失ってしまうのだと思います。)

・ YouTubeアドセンスで稼ぐために絶対に知っておかなければいけない「広告の種類」と「広告ごとの特徴」とは。(ただ闇雲に広告を掲載するだけではあまりにも多くの「本来稼げるはずだったお金」を取りこぼしてしまいます。YouTubeビジネスを始める前に広告の種類、広告の特徴をしっかりと掴んで掲載をしていって下さい。)

・ 日本人であれば誰もが一度は学んだ経験のある「ある科目」をネタにして、顔も出さずに簡単に作れる動画だけで稼ぐ方法とは。(YouTubeビジネスは決して顔を出さなければ稼げないわけではありません。誰でもあるソフトを使ってテキストデータを打ち込むだけで作成した動画だけで半永久的に需要のある動画を作る方法があります。)

・ スマホで撮影した動画をそのままYouTubeにアップロードしただけで稼いでいる「ある動画ネタ」とは。(あるアプリを使うだけでザクザクお金を稼いでくれる動画を量産することができてしまう方法があります。実際にiPhoneで撮影したたった10秒の動画で20万円以上を稼いでいる動画を紹介します。)

・ 日本からある場所にターゲットを変えるだけで一気に動画の価値を高める方法とは。(YouTubeは世界中の人が使用しているメディアです。動画が視聴されるユーザーも決して日本人だけではありません。日本だからこそ作れる動画をある場所の外国人に向けて作成するだけで、たった一つの動画から数万円以上の広告収入を半年で上げている方法を紹介します。)
・ YouTubeをある視点から見ることで自分が投稿すべき動画が見えてくるその「視点」とは。(私がまずアドセンスで稼ぐためにノウハウやテクニックよりも大切だと考えているYouTubeのリサーチ方法を紹介します。これを行わずにYouTubeアドセンスに取り組んでもまず間違い無く稼ぐことはできないと思います。)

・ YouTubeに限らず、ビジネス初心者さんが勘違いしてしまうあることとは。(動画投稿者が気にしているとユーザーが気にしているポイントが全く違います。このポイントにいかに早く気付くことができるかどうかが、ビジネスで稼げるかどうかを大きく左右します。逆に言えば、このポイントに気付けない限り大きく安定して稼ぐことは絶対にできません。)

・ YouTube動画を作成するときに私が選んでいる「2種類の動画の方向性」とは。(再生される動画には2種類の方向性があると私は考えています。この2つの方向性を考えずに適当に動画を作ってしまうと再生される動画にはなりません。まずは自分が得意などちらかだけに意識を向けて動画を投稿するようにしてみて下さい。)

・ 全く規約や法律に違反することもなく「コピペしたテキストデータ」だけで動画を作って稼ぐ方法とは。(ネタが無限にあって、しかも数分で動画を作れてしまう、今だからこそ稼ぐことができる、あるサイトをネタ元にした動画ジャンルとその作り方があります。)

・ 自分の趣味がそのままお金になる、誰もが今すぐにでも始められる動画ビジネスとは。(ただ趣味を「ある形」で動画にするだけで、公開から2カ月で15万回再生を突破することができる動画ネタを紹介します。これを応用することで、誰もがこの瞬間から再生される動画を投稿することができるようになります。)
Class2:動画SEO
どうやってYouTube動画にアクセスを集めていけば良いのでしょうか。そのためにはYouTubeからの内部アクセスを増やす方法と、動画に対してウェブサイトやブログと同じように「検索エンジン最適化」を行う方法があります。

その2つのアクセス集めのための知識・スキル・テクニックをまとめて紹介していきます。自分の作成した動画に対するトラフィックを増やすための施策は「アドセンス」も「動画マーケティング」を実践する場合でも必要なものです。

検索エンジンの傾向やこれまでのアップデートから考えることができる、これからどんな動画が検索エンジンに評価されるのか?またそんな動画の作り方を考えていきます。

内容の一部を紹介すると・・・

・ 「ただ設定をするだけ」で自分の投稿した動画の再生回数が指数関数的に増加するYouTubeのある機能とは。(既にアドセンスで稼いでいるYouTubeビジネス実践者に教えたところ「そんな設定方法があったんですか?」と驚かれた、今すぐにできる再生回数アップが見込める設定方法とその手順を紹介します。)

・ Google検索エンジンの動向と目的を考えた、動画SEOのテクニック云々の前に最も基本的な前提となる対策とは。(動画SEOを施す以前の問題として、どれだけ対策を行っても検索エンジンにひっかかることの無い動画があります。SEO対策の前にまずはこのたったひとつの条件を動画で満たすことから始めてみて下さい。)

・ キーワード選びにも動画のネタ選びにも使える、有料で同じものも販売されている「ある無料ツール」とは。(動画ネタが見つからない、動画にアクセスが集まらない。この2つの悩みを同時に解決することができるある無料ツールを紹介します。私自身も当然使っているツールですので、是非YouTubeアドセンスにもYouTubeマーケティングにも活用してみて下さい。)

・ 動画タイトルでアクセス数の増加とユーザーの質の向上を両立させるノウハウとは。(動画のタイトルの決め方にはコツがあります。私が動画を投稿する際に必ず押さえているポイントは2つです。まずは自分の動画がこの2つのポイントを押さえたタイトルになっているかどうかをチェックしてみて下さい。)

・ SEO対策のためにキーワードは左側に入れるべき?このテーマの論争に対する私の考え方とは。(SEO対策には色々と怪しい理論が数多くあります。私がその理論の有効性を判断する際のはっきりとした基準を紹介します。この基準を持って考えて頂ければ、世の中のSEO対策ノウハウの有効性を判断するようにしてみて下さい。)

・ 自分は何もしていないのに勝手に検索エンジンの評価が上がっていく、YouTubeのあるシステムを使ったSEO対策とは。(検索エンジンはメインの動画コンテンツだけでなく「ある部分」を評価対象としています。自分が何もしなくても勝手にGoogleからの評価が上がってしまうノウハウを紹介します。)
・ 検索ボリュームの多さとライバルの少なさを両立するキーワードの種類と選び方とは。(SEO対策の基本はキーワード選定です。YouTube動画ならではのキーワードの選定基準、タイトルの付け方の考え方も併せて紹介します。YouTube動画で集客を行うのであれば、間違い無く有効なノウハウだと思います。)

・ SNSでシェアされる動画を作るために私達がやるべきこととは。(拡散される、話題になる動画を作るために私たちがやるべきことは実は「たったひとつ」です。拡散される動画を作ってたったひとつの動画だけで2カ月の間に数万円を稼いだ事例も交えて解説します。)

・ YouTubeの内部アクセスを一気に増やすことができる、2つのYouTubeの機能とは。(検索エンジン経由だけでなく、YouTubeユーザーが自分の動画を再生する流れを作ることができるYouTubeのある2つの機能があります。その設定方法と注意点を解説します。)

・ ただ動画をアップロードするだけでは無い、設定だけで検索エンジンからの評価が変わる4つの設定とは。(動画SEOを行う場合に気を付けるべき設定ポイントはたった4つです。ただ設定するかどうかの違いですので、このポイントとその押さえ方を知らないだけで検索エンジンからの評価は大きく変わってしまいます。)

・ 動画SEOを施す理由とそのベクトルの先の2つの目的とは。(ただテキストに沿ってやるべきことをやるだけが本当のSEO対策ではありません。なぜその対策を行うかの理由とそのベクトルの向かう先を知ることで、自分の実践すべき対策が自ずと見えるようになります。動画が対策すべき方向性は2種類を押さえれば問題ありません。)

・ パソコンを使うことでライバル動画のSEO対策を盗み見ることができてしまう裏テクニックとは。(ある作業を行うだけで、ライバル動画の行っているSEO対策をそのまま覗き見ることができてしまう方法があります。この方法を使ってある設定を行うだけで再生回数が一気に伸びた事例が私の動画にもいくつもあります。)
Class3:YouTubeマーケティング
YouTubeは決してアドセンスだけが、お金を稼ぐための手段ではありません。YouTubeをマーケティングに活用していく方法と、私が実際に取り入れているYouTubeの価値を存分に引き出していくビジネスとしての使い方を解説しています。

YouTube動画からアクセスを集めてアフィリエイトを行っていく方法、YouTube動画からリストを取りメールマガジンから収益を上げていく方法など、YouTubeを取り入れたビジネスにはいくつものアイデアがあります。

インターネットマーケティングの可能性、YouTubeというメディアの可能性を一気に広げるためのノウハウをひとつひとつ詳しく解説していきます。

内容の一部を紹介すると・・・

・ これから先、YouTubeがインターネット市場における「YouTubeにしかない役割」を持っているメディアである理由とは。(YouTubeビジネスの可能性とYouTubeにしかできないことをご存じでしょうか。私がこれからの時代「あるジャンルのビジネス」においてはYouTubeをビジネスに取り入れないことが間違い無く不利になっていくと断言できるはっきりとした根拠があります。)

・ YouTubeをマーケティングに使う場合の「3つの使い方」とは。(私がYouTubeをマーケティングスキームに組み込むとき「3つの使い方」のいずれかの方法で使っています。特に3つの目の使い方はまだほとんどの企業もインフォプレナーもアフィリエイターも取り入れていない新しいYouTubeの使い方です。)

・ ステップメールやブログだけで無くYouTubeがマーケティングに使える理由とは。(テレビがこれだけ主要メディアになっている理由には、人間科学に基づいたはっきりとした理由があります。ある有名な心理学の法則から考えることができるYouTubeマーケティングの有効性とその使い方をお伝えします。)

・ YouTubeから他のメディアに誘導するための「3つの誘導手段」とその導線の作り方とは。(YouTubeを集客メディアとして使う場合、自分のブログ・サイト・メールマガジンに誘導するための導線の作り方は全部で三種類あります。ひとつひとつの方法と具体的な手順を紹介します。)

・ YouTubeを活用して、まとまった大きなお金を稼ぐために私がベストだと考えている稼ぎ方とは。(YouTubeにはアドセンスだけでなく、他のキャッシュポイントを作る方法がいくつもあります。私が考えているYouTubeを中心に据えたビジネスモデルとその作り方事例を紹介します。)
・ タイトルの次に大切なカスタムサムネイルの設定のコツとは。(サムネイルに工夫をしない動画ほどもったいないものはありません。ただ有効なカスタムサムネイルの答えは「たったひとつ」です。他に何も考えること無く、このノウハウにそのまま従って淡々とカスタムサムネイルを設定すればそれだけで再生回数は増えるはずです。)

・ 再生回数の多い動画を作る前に再生回数が全く無い動画に共通する「絶対やってはいけないあること」とは。(ただ人気のある動画にあやかるだけでとにかく稼げると思っていませんか?この考え方は完全な不正解です。再生回数が全く増えていない動画には例外無くある共通点があります。)

・ 動画マーケティングを存分に活用している「あるジャンルの動画」とそのチャンネル事例とは。(動画ならではのあるジャンルの動画はYouTubeで最も再生されている種類の動画のひとつです。そのままその動画をキャッシュポイントにすることもできる、動画の収益化手順も紹介します。)

・ YouTubeを使って商品を売ることができるある方法とは。(今後のこれからの時代はYouTubeマーケティングではこの方法が主流になっていくのかもしれません。実際、徐々にこの形で広告を出している企業も増えてきています。是非「時代を先取りするマーケティング」を取り入れてみて下さい。)

・ マーケティングにおいてYouTube動画を使うか文字を使うか?その境界線とは。(参入市場によっては、マーケティングのためにYouTube動画を使うか?ブログやメールマガジンなどの文字を使うか?という境界線には、私なりのはっきりとした境界線があります。)
Class4:YouTube動画・チャンネル事例集
アドセンス・動画マーケティングを実践しているYouTube動画事例、YouTubeチャンネル事例を集めて紹介と解説を行っています。ひとつのチャンネルだけで月100万円以上を稼いでいるYouTubeチャンネルもいくつも紹介していきます。

また当然「すぐに真似できてしまう事例集」をいくつも紹介していきますので、このClassで公開している事例を参考に今すぐにでも稼げる動画を量産していってください。

全くの匿名、声出し、顔出し無しでパソコン一台のみがあれば作ることができるYouTube動画から、たった一台のiPhoneさえあれば稼ぐこともできる動画なども多数紹介しています。

内容の一部を紹介すると・・・

・ 最もローリスクハイリターンの形で作ることができる、ある素材を使った動画とは。(声出しも顔出しも一切行わず、簡単に作れる動画だけで80,000,000回以上の総再生回数を荒稼ぎしているYouTubeチャンネル事例を紹介します。今すぐにでも真似することができるYouTubeビジネスの今最も稼げる動画ジャンルです。)

・ ある国民的サイトとそれをキュレ―ションしているサイトの流用で著作権問題も一切気にする必要の無い動画の作り方とは。(テキストだけの動画でも1動画あたり2000円以上の収益を稼ぐことができるYouTubeの規約にも抵触しない、誰にでも作れてしまう動画を紹介します。)

・ YouTube内でも圧倒的に人気を誇る2大ジャンルとは。(検索エンジンであるキーワードを掛けるだけでいくらでも動画が作れてしまう、ひとつの動画から5000円以上を生み出すこともザラにある美味しすぎる動画ジャンルがあります。)

・ 画像スライドショーだけで稼いでいる、時給8,000円以上の動画作成方法とその事例とは。(ビデオカメラを片手に綺麗な動画を撮影し、編集に時間をかける動画の作り方が「稼げる動画の作り方の全て」ではありません。もっと短時間に再生回数の多い動画を作成することができます。)

・ これからも絶対にネタが尽きることの無い、あるジャンルを追いかけるだけのYouTubeビジネスとは。(好きな人は本当に好きかもしれません。ただ趣味としてこの手の動画を自作し、投稿し続けるだけで月100万円以上を稼いでいる私の知り合いがいます。その事例と動画の作り方を紹介します。)
・ 思わず見てしまう、テレビのバラエティ番組でも取り上げられている種類の動画とは。(最近はこの手の動画を扱ってただタレントがコメントをするだけの「ある系統の動画」があります。テレビがそれをやっているのであれば、YouTubeで同じことをやって稼げないはずがありません。)

・ 人間の力さえも使わない「動物」に特化したある動画の作り方でザクザク稼ぐ方法とは。(もちろん、身近に動物がいなくても構いません。たった数カ月で10,000,000回の再生回数を突破したあるジャンルの動画を投稿し続けるだけのYouTubeチャンネル事例を紹介します。)

・ 日本人の一部が大好きな「ある政治ジャンル」に特化したYouTubeチャンネル事例とは。(ただ「切り取るだけ」で動画を無数に作ることができてしまう、一部の日本人が熱狂的にこの話題に反応する「ある政治ジャンル」をネタにした動画で稼ぐ方法もあります。)

・ 今、最も若者達に人気な「見始めたら止まらない動画」とは。(小学生~大学生に大人気の動画を作って生計を立てているYouTuberにひけを取らない、ただ「喋るだけ」で稼いでいる動画をひたすら投稿し続けるだけのYouTubeビジネスがあります。)

・ ある場所から楽曲を、ただYouTubeに流用するだけで稼ぐことができる動画の作り方とは。(投稿者は何の苦労もせずに、ある場所からYouTubeに流用・転載するだけでしれっと稼ぎ続けている卑怯な動画ジャンルがあります。)
Class5:動画作成技術
「動画の作り方」についての知識や技術をまとめました。無料のツールや無料ソフトを使うだけでできる、全くの動画ビジネス初心者でも動画を量産することができる方法を、私が動画作成に使っているソフト、ツール、デバイスと併せて紹介しています。

今の時代は、専門的な映像スキルが無くても、無料で手に入る素材、ツール、ソフトさえあれば、誰でもハイクオリティの動画を簡単に作ることができてしまいます。まずは無料のみで作ることができる動画は簡単に作ることができるので、順番に動画作成スキルを高めていってください。

きっとそのスキルはこれからのインターネットビジネスにおける大きな武器になるはずです。

内容の一部を紹介すると・・・

・ Windows、Macそれぞれで動画を作成する際に私が使っている無料ツールとソフトとは。(私は仕事上、WindowsもMacもどちらも使用していますが、動画はどちらのOSでも作成することができます。もちろん無料で使えるソフト・ツールだけでYouTubeで稼ぐ動画は簡単に作れてしまいます。)

・ 動画作成を行うために私が使っている画像素材・音楽素材の入手場所とは。(動画には画像や音楽が不可欠ですが、その素材は完全に「無料」で使うことができます。それらを入手することができる場所を教えますが、いくつか注意点がありますので、動画を作り始める前に間違い無くここで解説しているポイントをチェックするようにして下さい。)

・ 動画作成の際に絶対に無くては動画としては成立しない「ある要素」とは。(動画の離脱率を一瞬で高めてしまうある要素があります。今後おそらくこの要素が入っていない動画はYouTubeからも評価されない動画になることは間違いないのではないでしょうか。)

・ ある動画投稿サイトから動画を流用して繋げて公開するだけで稼ぎまくっている動画とは。(カスタムサムネイルのちょっとした工夫と内容だけで、公開から2カ月で30万回の再生回数を超えている動画事例を紹介します。このネタ元は今この瞬間にも動画が日に日に増えていますし、非常にリサーチも簡単にできるので、やればやるほどに報酬は比例して伸びるはずです。)
・ YouTubeビジネスを始める前に絶対に知っておくべきあるリスクリバーサル方法とは。(YouTubeアカウントとGoogleアカウントの関係性と、リスク分散をするための設定方法と私が行っているアカウント管理方法について紹介します。Googleアドセンスアカウントは一人ひとつなので、停止させられない徹底した管理が必要なのです。)

・ 他人の作った動画にあやかって稼げるジャンルと、そんな動画で「ある設定」をするだけで稼げる方法とは。(YouTubeで稼ぐ方法はもしかすると、この方法が一番簡単かもしれません。「YouTubeで稼ぎたいけど何から始めれば良いかわからない」ということであれば、まずはこのノウハウを繰り返して下さい。)

・ 自分の手を映すだけで稼げる、誰もが思わず興味を持ってしまう「あるネタ」とは。(iPhone一台で作ることができる、一度動画を見てしまったら最後まで絶対に見てしまう、これからYouTubeビジネスを始める初心者さんにもおすすめのあるジャンルをネタにした、いくらでも動画を量産できてしまう動画の作り方とは。)

・ 稼ぎの種がYouTubeに転がっている理由と、その具体的な見つけ方とは。(YouTubeには「稼ぎの種」がいくつも転がっています。YouTubeビジネスが行動さえ継続できれば100%稼ぎ続けることができると私が断言している理由はここにあります。あとは「やるか・やらないか」です。)

youtube association特典

特典1:youtube beginners' association
ブログやサイトに比べて、まだまだYouTubeというメディア自体に詳しくない初心者さんもいらっしゃるかと思います。

そこで、これから始めるYouTubeビジネス初心者さんのために、YouTubeの機能、用語、基本的な使い方、動画投稿方法なども含めて、基本的なYouTubeの使い方について解説したテキストを特典として用意しました。

またYouTubeアドセンスの稼ぎ方のノウハウの基本事項などもじっくりと解説してみました。YouTubeの使い方がわからない、どうすればYouTubeで稼げるのか具体的なやり方がわからないということであれば、まずはこのテキストで解説されている内容を学んで頂ければと思います。
特典2:Googleアドセンス申請の手順と注意点
少し前から、Googleアドセンスの申請が少し厳しくなりました。YouTubeアドセンスで稼ぐためにはGoogleアドセンスのアカウントが必須です。

アドセンス申請の段階で、パソコンの技術的な問題も含めてと躓いてしまう方が少なくありませんので、このテキストではアドセンスアカウントの申請手順、また申請の際の注意点をまとめてテキスト化しました。

このテキストの通りに機械的に作業を進めて頂ければ、問題無くGoogleアドセンス申請が完了するように作成してあります。今後もアドセンスの申請状況が変更になり次第、常にテキストを最新版にアップデートして配布させて頂きます。

もし、このテキストの通り申請してもうまく通らない場合などがあれば、連絡を頂ければ修正ポイントなどを個別に指摘させて頂きますので、YouTubeビジネスを始める準備を万全に整えるために、こちらのテキストを活用して頂ければと思います。
特典3:YouTube × ○○○○収益化ノウハウ
こちらのテキストでは、YouTubeが検索エンジン集客に強いというアドバンテージを活用して「○○○○」を使った、アドセンス以外でYouTubeを使って簡単に収益を得られるひとつの手法(テクニック?)を解説しました。

簡単な作業だけで稼ぐことができる手法ですが、その代わり非常に淡々とした作業が必要になります。ただYouTubeビジネス初心者さんでも稼ぎやすい「あるキャッシュポイント」を使ったノウハウですので、是非こちらにも余力があれば取り組んでみて下さい。

youtube association

eoacontents11
eoacontents22

※形式:全編PDFコンテンツです。(合計249ページ以上)
※上記は「youtube association」のコンテンツの一部です。

「youtube association」の受け取り方

youtube association
この「youtube association」は、Evil Youtuber Subject の私からの紹介特典のひとつとしてお渡ししています。こちらのEvil Youtuber Subjectのレビューページより申し込んで頂いても同じ特典をお渡しします。

スクリーンショット-2017-10-06-10.42.22-790x480


 成瀬特典付き Evil Youtuber Subject を申し込む

※購入画面にて以下の特典表記をご確認ください。

スクリーンショット 2017-10-11 16.16.43

参入すべきタイミングは「今」かもしれません

成長段階の市場やメディアでビジネスを行うことは、ビジネス戦略の基本です。

成長段階の市場やメディアが例えられるものは「上りエスカレーター」です。

なぜなら、自分が立ち止まっているだけでも、市場やメディアが成長するにつれてユーザー(お客さん)が増えていくのですから、何もしていなくても自分のビジネスが拡大していってしまうのです。


今、インターネット市場の中でもその「エスカレーターの上りスピード」が最も早いメディア・・・それは間違い無く「YouTube」では無いでしょうか。

ときどき「今、成瀬さんがインターネットビジネス初心者だったとしたら、どんなビジネスから始めますか?」という質問を頂くことがありますが、私がこれから始めるとすれば、なるべく早くお金を稼ぐことが目的であれば「YouTubeビジネス」だと思います。

稼ぎながら、同時に将来のビジネスも見据えていきたいということであれば、是非この「YouTubeビジネス」を選択肢に入れてみて下さい。