無料で電子書籍をプレゼント中!

失敗確率の小さい起業術を知りたくありませんか?

起業をするなら、失敗は許されません。

大きくうまくいくかもしれない代わりにギャンブル性が強い方法よりも、少し遠回りをしてでも堅実で失敗確率が小さい方法を知りたくありませんか?

ビジネス書を読むと、「確かに理屈的には正しいんだろうけど、現実的に実践するとなると腑に落ちない」という話が多くあると思います。

あなたには今、こんな悩みがありませんでしょうか?

「ビジネスを作りたいけど、何から始めたら良いのかわからない」

「失敗せずに起業したい、堅実な起業方法を知りたい」

「今から参入しようとしている市場で本当に大丈夫なのか?もっと狙い目の市場があるんじゃないか?」

「このやり方で本当にうまくいくのか?やることばかり多くて、時間がかかりそう、、、」

「あれもこれもやらなければいけない。やることが多すぎて、時間が無い、、、」

「今日もこれだけしか作業が進まなかった。いつになったら成果が出るのだろう、、、」

「焦ってばかりで、時間だけが過ぎてしまっている気がする」

「行動しなければいけないのはわかっているけど、迷ってばかりで全然進んでいない気がする」

「そろそろ何か、やるべきこと、これから積み上げていくことを決めたい」

「起業したいけど、とにかく漠然とした不安がある」

できたことがないことを、どうすればできるようになるのか?

僕が起業したばかりの段階のとき、ずっと悩んでいたことがありました。

ビジネスの始め方についての本を読むと、「ゴールを設定して計画を立てて行動していきましょう」といったことがよく書かれています。

でも、ここには大きな落とし穴があると思います。できたことがないから「達成したい夢」なのに、それを達成できる計画は本当にうまく立てることができるのでしょうか?

僕が起業するためにビジネス書を読みはじめたのは、何をしたら良いのかわからない、何から始めたら良いのかわからない、という「迷っている状態」だったからです。

何をしたら良いかわからない、何から始めたら良いのかわからない、どういう考え方をすれば良いのかわからない、、、そういった「迷っている状態」では、計画を立ててもまず意味がありません。

どれだけしっかり計画を立てても、勉強したり経験を積むほど「やっぱりこのやり方はダメなんじゃないか?もっとこういうやり方のが良いんじゃないか?」と、計画がどんどんズレていってしまうからです。

どうしたら迷わなくても済むのか?

行動をしなければ、成果に繋がらないことは間違いありません。それも、ただ行動するだけでなく行動を積み重ねることもビジネスでは大事です。

そのためには「迷い」を消すことを最優先させる必要があります。

迷ってしまっている人は、とにかく情報を集めるようになります。いろいろな勉強会に参加したり、セミナーに参加したりしている方も多いと思います。それでも、知識が増えて選択肢だけが増えて、やるべきことを選べないのは「迷っているから」です。

でも、だからと言って情報を集めてはいけないということではありません。情報を集めて選択肢を増やすことは重要です。情報を集めず、選択肢を増やさず、迷うこともなく突進するのは怪我をするだけです。

ビジネスなら、勢いだけで起業をしてしまうと、借金で首が回らなくなってしまうこともあるかもしれません。迷わずに突進して大きくケガをしてしまうくらいなら、まだ迷って行動していない方がマシです。

でも、迷い続けていても何も始まりません、、、

ビジネスをゼロから構築する方法

では、どうすれば良いのでしょうか?

僕も、とにかく迷っている時期がありました。漠然とした不安もありました。何をしたら良いのか?何から始めたら良いのかもわからないまま、時間だけが過ぎていくことにイライラしていました。

そんな僕だからこそお伝えできる、ビジネスを0から構築して安定した売り上げを作る方法。この続きは、電子書籍で公開しています。以下のフォームから登録して頂ければ、すぐに電子書籍をダウンロードすることができます。