・時間をかけてユーザーのためになる記事を書いているのに、アクセスが来ない
・競合サイトがあり過ぎて、どうやって差別化したら良いかわからない
・今のアフィリエイトの取り組み方で、この先が大丈夫なのか心配

もしそんな悩みがあるなら、この続きを読んでみてください。

他のサイトに埋もれてしまい、あなたのサイトがユーザーに見向きもされない原因は?

インターネット上にはウェブサイトが10億を超えています。ちょっと古いデータですが、海外の調査によると、2016年の3月時点でサイト数は10億388万7,790。今では一体どれくらいのサイトがネット上にあるのでしょうか?


https://news.netcraft.com/archives/2016/03/18/march-2016-web-server-survey.html

「でも、それって世界規模の話でしょ?」と思われるかもしれませんが、2007年の調査結果では、世界中のブログの37%が日本語で書かれているというデータもあります。

もし、あなたが一生懸命コツコツとアフィリエイトサイトの構築に取り組んでいるにも関わらず、思うような成果をあげられていないなら、あなたのサイトはインターネット上にある、無数のサイトに埋もれてしまっているのかもしれません…

「ユーザーのために質の高いコンテンツを作り続ければ良い」って本当?

成約率を高めるためにコピーライティングのノウハウを勉強しなければいけない、、、サイトにアクセスを流すためのアクセスアップノウハウを学ばなければいけない、、、良いことを学んでいる気がするけど成果につながる気がしない、、、もしかすると、あなたにもそんな経験があるかもしれません。

あなたが学んできたノウハウのひとつひとつは、きっと質の高いものだと思います。あなたがコツコツと作り込んできた記事コンテンツも、きっと質の高いものだと思います。

しかし、インターネット上にある他の無数のウェブサイトの中に埋もれてしまい、「読んで欲しいユーザーに見つけてもらえない」というのが今のあなたのサイトの現状なら、問題は別のところにあるのかもしれません。

こんなアフィリエイトのノウハウを聞いたことがありませんか?

「ユーザーにとって役に立つ情報をサイトにたくさん詰め込んで、まずは価値を提供しましょう!価値を提供するからユーザーが信頼してくれて、結果として商品の成約に繋げられます!ユーザーのためになるサイトを、質を重視して書き続ければ必ず成功します!」

むしろ、少しアフィリエイトについて勉強をしたことがあれば、そんな話を何度も聞いたことがあるのではないかと思います。

この考え方が間違っているとは言いません。しかし、商売の基本は「質の高い商品・サービスを作ることは大前提」として考えるべきです。

昔、そもそもモノがあまり無かった時代には、質の良い商品を作っていれば勝手に売れていた時代がありました。しかし、今はモノが溢れている時代です。ただ質の高い商品を作っているだけでは売れません。これはマーケティングの基本として有名な話です。

アフィリエイトも同じではないでしょうか。インターネット上にウェブサイトが10億以上もある情報過多の時代に、情報の量や質で勝負をするのは賢いやり方だとは言えません。

「ユーザーのためになる質の高い記事を書き続けていれば、読んでもらえるアフィリエイトサイトになる」という考え方は、「質の高い商品を作っていれば、勝手に商品が売れていく」という昔の考え方と変わりないと思います。

今はモノだけでなく、情報も溢れている時代です。そんな時代にどんな取り組み方をすれば、自分の作ったサイトを読んでほしいユーザーに見つけてもらえるでしょうか?

情報過多の時代のアフィリエイトサイトの戦い方

「情報量でのライバルサイトの差別化」は、かなり大変な作業になってしまいます。今は企業が運営する、何人もの外注ライターを雇うことで大量の記事を日々投稿していく、情報量が膨大なメディアがいくつもあります。

個人が作るアフィリエイトサイトで、膨大な情報量のサイトに勝つために、情報量で勝負することは無謀だと言えます。

「じゃあ、ライバルサイトよりも秘匿性の高い情報を探して、どこにも書かれていない情報をサイトに書くことで、情報の質で差別化すれば良いってことでしょうか?」

それもひとつの答えだと思います。しかし、今の時代にインターネットで検索しても出てこない情報を探すことは簡単ではありません。

しかも、難しいことに質の高さの判断は、知識のない初心者ユーザーほどできません。それが良いか悪いかを判断する知識も無いのが初心者ユーザーだからです。売れている健康食品や化粧品の中に、本当に良い商品かどうかよくわからないものも多いはずです。

では、どうすれば良いのでしょうか?自分のアフィリエイトサイトが情報の海に溺れてしまわないように、どうすれば読んで欲しいユーザーに見つけてもらえるでしょうか?

市場がどんどん細分化されていく、、、市場が発展していくルール

この問題を解決するヒントにつながる、ひとつのビジネスのルールがあります。それは「市場が発展していくにつれて、市場がどんどん細分化されていく」というものです。

「ビジネスエントロピー拡大の法則」と言われることもありますが、市場が成熟するにつれてたくさんの種類の商品、たくさんの価格帯の商品が増えることで、どんどん顧客が小さくセグメント化されていく、ビジネスの原則のことです。

たとえば、ひと昔前は「ダイエットの専門家」という肩書きのトレーナーでも、本を書いたり有名になっていた時代がありましたが、今は「ダイエットの運動の専門家」「ダイエットの食事の専門家」というように、専門分野が細分化されていっています。

さらには、今はRIZAPのような「ダイエットの運動の専門家の中でも、パーソナルトレーニングの専門家」「ダイエットの食事の専門の中でも、アスリート向けの食事を作る専門家」というように、さらにさらに専門家が細分化されていっています。

なぜこのように市場が細分化していくのでしょうか?その理由は簡単です。

たとえば、あなたが麻婆豆腐をふと食べたくなったとします。「和食も洋食も中華も食べられる食堂」「中華料理屋」「麻婆豆腐専門店」の3つがあったとき、どの店に入りたいと思うでしょうか?

きっと「麻婆豆腐専門店」が気になるはずです。「和食も洋食も中華も食べられる食堂」よりも、「麻婆豆腐専門店」の方が、美味しそうな麻婆豆腐を出してくれそうな気がしませんか?これが人間の心理だからです。

つまり、人間の心理が「市場がどんどん細分化されることを求めている」ということです。

「市場がどんどん細分化されていく」この流れに逆らおうとしてしまうと、間違いなくビジネスは大変になります。今の時代に「ダイエットの専門家です」と名乗っても、目立つことは難しいのです、、、

ユーザーに選ばれるサイトの作り方

アフィリエイトも飲食店ビジネスと同じように考えます。昔は広いジャンルをカバーする、ジャンルごちゃ混ぜのサイトを作っているアフィリエイターも多くいました。

しかし、そういったサイトが増えてくると、同じようなサイトを作ってもまず目立つことはできません。

市場の流れは「細分化」に進んでいきます。中華料理屋よりも麻婆豆腐専門店が選ばれるように、よりテーマを絞ったサイトを作る方が目立ちやすくなります。

ただ、勘違いしてはいけないポイントは「ニッチ(隙間産業)を狙う」という意味では無い、ということです。あくまで、大きなニーズのある市場を細分化することが大事だからです。

とは言え、もちろん小さすぎるニーズを狙ったサイトや、そもそも収益化しにくいジャンルでサイトを作ってしまうと収益にはつながりません。

最初のベクトルを間違えてしまうと、いくら時間をかけてコツコツと質の高い記事を書いても、その努力は無駄、とまでは言いませんが、もっと効率の良い努力はあったと言えるでしょう。

アフィリエイトサイトを作るときの最初のベクトルの決め方だけでなく、まだまだ、お伝えしていない大事なポイントはいくつもあります。

たとえば、どんなニーズを狙ってサイトを作れば良いのか?狙うキーワードはどう選べば良いか?どんな記事を書けば良いのか?具体的にどうやってアクセスを集めれば良いのか?そこからどうやって収益化すれば良いのか?、、、

そんなノウハウを詳しく紹介しているのが、この「情報過多時代のアフィリエイト戦略」です。

情報過多時代のアフィリエイト戦略(講師:成瀬智貴)

「ユーザーに役に立つ情報をたくさんサイトに詰め込もう、価値を提供しよう。」

インターネット上にサイトも無数にある、インターネットメディアの信頼度も低い、、、今の時代はアフィリエイトサイトで稼ぐことは決して簡単なことではなくなりました。

しかし、インターネット市場は年々拡大していますから、やり方次第で個人でも大きな収入をアフィリエイト報酬だけで得ることもできることは間違いありません。

「では、どんなやり方で取り組めば良いのか?」

インターネット上で埋もれることなく、読んで欲しいユーザーに見つけてもらい、商品が成約するアフィリエイトサイトの作り方を知ってください。

この方法を知ることであなたは、、、

✔️ 時間をかけてコツコツと書き溜めたブログ記事が結局、アフィリエイト報酬につながらないのでは…という不安が無くなります

✔️ 半年くらいはブログを育てないといけない…そんなアフィリエイトの常識とは真逆の「初月からアフィリエイト報酬を得られる取り組み方」を紹介します

✔️ ライバルに負けない・埋もれないアフィリエイトサイトを30日以内に作る方法・具体的な手順がわかります

✔️ 机上の空論ではない、実務的なノウハウを知ることができます

✔️ 記事を更新するモチベーションが続かない…そんな悩みを解決する、記事を更新せずにアフィリエイト報酬が積み上がるノウハウを紹介します

✔️ たくさんのアフィリエイトノウハウがあるけど、何が正しいのか?その悩みをすっきり解決させるアフィリエイト戦略の考え方がわかります

✔️ 検索エンジンに上位表示されるSEOコンテンツでありながら、商品の成約にも繋がるサイトを作るポイントがわかります

✔️ 検索エンジンから集客して、商品を成約させるorメルマガ読者に登録させる流れの作り方を具体的に紹介します

✔️ たった5記事しか投稿していないサイトでから、毎月2万円〜3万円を5年間以上も商品が成約しているアフィリエイトノウハウを知ることができます

✔️ などなど…

※全てビデオコンテンツ(収録時間は6時間を越える予定です)です。収録済みのコンテンツをメンバーページで公開しています。インターネット環境とスマホ一台があれば場所と時間を選ばず視聴することができます。
※コンテンツは2月中に全て配信しますので、あらかじめご了承ください。

「ユーザーにとって価値の高い、質の高い記事を書きましょう」を鵜呑みにしてはいけない理由

質の高い記事を一生懸命書いているのに、なかなか読者が増えない、PV数が伸びない、SEOの順位が上がらない…そんな悩みがあるなら別の角度からのノウハウが必要でしょう。

「ユーザーのこと無視する」という意味ではありません。むしろユーザーにとっての価値を考えること、質の高いコンテンツを考えることは大前提だという意味です。

まだモノが少なかった時代、日本は質の高い商品を作ることで大きく経済発展をしてきました。しかし、ご存知の通り今はマーケティングの強い海外の企業に負けてしまい、力が弱まっていることは誰の目にも明らかでしょう。(もちろん例外もありますが…)

「ユーザーにとって価値の高いコンテンツを作りましょう」「コンテンツの質を高めましょう」という考え方は、昔ながらの日本的な企業が考える「質さえ高ければきっとお客さんはわかってくれる」という戦略です。

「マーケティング」とは定義が曖昧な言葉ですが、一言で言えば「ユーザーに商品を届ける努力と工夫」です。

モノが溢れている今の時代には、モノの質を高める以上に大事なことは、ユーザーにモノを届けるための努力と工夫でしょう。

情報がまだ少なかった時代には、質の高い記事を作る努力こそがアフィリエイトで一番大事なことでした。

しかし今は、情報過多の時代です。情報過多の時代には、「ユーザーに情報を届ける工夫と努力」こそが何よりも大事でしょう。

では、具体的に何をすれば良いのか?

それはこの「情報過多時代のアフィリエイト戦略」の講座の中で詳しく紹介されています。

まだ読んでもらえない記事の質を高めることに時間をかけ続けて、その価値をわかってくれるお客さんがサイトを見つけてくれることを待ち続けますか?

それとも、あなたが書いた記事を「ユーザーに届ける方法」を知りたいですか?

「情報過多時代のアフィリエイト戦略」を無料で受け取る方法

この「情報過多時代のアフィリエイト戦略」は、「無料」で受け取ることができます。

受け取り方は「和佐・木坂サロンお試し&ネットビジネス大百科2(無料)」に、以下のリンクから申し込んでいただくだければ、紹介特典として「情報過多時代のアフィリエイト戦略」も併せてダウンロードできます。

「和佐・木坂サロンお試し&ネットビジネス大百科2(無料)」のお申し込みには一切お金もかかりませんから、「和佐・木坂サロンお試し&ネットビジネス大百科2(無料)」と「情報過多時代のアフィリエイト戦略」をどちらも無料で手に入れられるということです。

「なぜ無料?裏は何?」と思われているかもしれません。

その理由は「和佐・木坂サロンお試し&ネットビジネス大百科2(無料)」には2,000円のアフィリエイト報酬が設定されているということと、もうひとつは「情報過多時代のアフィリエイト戦略」の内容に満足していただければ、今後、僕が募集する有料サービスにも一定数の方が申し込んでもらえると見込んでのオファーです。

2月18日までの限定キャンペーンなので、興味があれば是非、この機会にお申し込みください。

※お申し込みの際、「購入特典」の欄に以下の特典記載が表示されていることを必ずご確認ください。

すでにネットビジネス大百科2を持っている方へ

すでに「ネットビジネス大百科2」に参加している方のために、Paypalでの決済リンクを用意しました。2月18日まで2,000円(税込)で、「情報過多時代のアフィリエイト戦略」に単体でお申し込みいただけます。

講師プロフィール/実績紹介

名前:成瀬智貴(Naruse Tomoki)
出身:岐阜県
在住:大阪府
学歴:大阪府立大学工学部卒業、大阪府立大学大学院工学研究科中退
資格:高校数学の教員免許
大阪でホームページ制作会社を経営しながら、個人的にはアフィリエイターとしても活動しています。

これまでに、プロ野球選手のコーチが経営する治療院、トレーニングジム、スポーツチームのホームページ、健康食品の通販サイト、美容院、飲食店、民泊サイトなど、、、集客ホームページ、商品紹介ホームページ、求人ホームページなどを中心に制作してきました。

ただ、ホームページ制作会社という看板でやってはいますが、WEBデザインだけでなくコピーライティング、インターネット広告の運用(リスティング広告・Facebook広告、Twitter広告など)、SEO対策などで運用と改善、オフラインメディアであるチラシやDM、名刺のデザインや制作なども行っています。

アフィリエイト実績

大手ASPインフォトップのイベント、アフィリエイターランキング上位100名だけが招待される「インフォトップ大忘年会」に、2015年〜招待して頂きました。

写真は2017年インフォトップ大忘年会のときのものです。(2018年はインフォトップ大忘年会は開催されなかったみたいです)