これから始める後発組がインターネットビジネスで稼ぐ方法

これから始めても、もう遅いんじゃないか?

これからビジネスを始めてみようと考えながらも、

「既に先に実践している人達がいるし、これから始めても稼げるだろうか?」

ということが心配となって、最初の一歩をどう踏み出せば良いのか悩んでしまっている方も少なくないと思います。

おそらく多くの方にとって不安を感じてしまう大きな理由のひとつは、自分よりも先にスタートしているライバルの存在にあるのではないでしょうか。

しかし、後からビジネスを始めることは決してデメリットばかりではありません。

もちろんAppleやGoogleのような企業を作って、日本や世界に革命を起こすことを目的にするのであれば、また話は別になると思います。

ただビジネスの目的に「お金を稼ぐこと」をまずは優先的な目的として考えていくのであれば、後発組であることはむじろメリットの方が多いと僕は考えています。

今回は「後発組だからこそできるインターネットビジネスの稼ぎ方」をテーマに取り上げていきましょう。

後発組のメリットとは何か

既に同じようなビジネスモデルで稼いでいる人達がいる状況というのは、受験勉強に置き換えてみると「過去問集を参考にして受験勉強をスタートできる状況」に似ているのではないかと思います。

過去問集や参考書は「その試験で受かるための大きなヒント」を得られるものです。

むしろ、大学入試や資格試験では、過去問集や参考書の問題を対策することなく受験すれば、まずその試験に受かることはありません。

僕達のビジネスの目的のひとつは「利益を上げていくこと」なのですから、実際に利益を出している稼ぎ方があるのであれば、きっとそれは自分のビジネスを考えていくための大きなヒントになるはずです。

ビジネスにおいて「ライバル」や「競合」と表現してしまうと、ただ自分の利益を邪魔するだけのように感じてしまうかもしれませんが、マイナスであるかプラスであるかは捉え方次第だと思うのです。

事実、スモールビジネスだけでなく、大企業も同じように競合他社をヒントにしてビジネスを展開している事例はいくらでもあります。

たとえば、

・コカコーラゼロが流行ったから、ペプシネックスゼロを売り始めた

・セブンイレブンがドーナツ販売を始めたから、ローソンもドーナツ販売を始めた

・AKB48が握手会を始めたから、色々なアイドルグループが握手会を始めた

・・・etc

後からスタートすることの一番のメリットは「競合をヒントにしてビジネスを始められること」では無いでしょうか。

むしろ、特に上の事例は全て「うまくいっているビジネスにただあやかって稼いでいる」と言ってしまってもいいのかもしれません。

自分でゼロから模索するよりも、実際にうまくいっている事例をヒントにした方が圧倒的に成果までのスピードは早いはずです。

それこそ、アフィリエイトで考えてみてください。

大きな利益を上げているアフィリエイトサイトは、インターネット上にいくらでもあります。

つまり「どういうアフィリエイトサイトが稼げるのか?」という問題の答えそのものが、そのままインターネット上にたくさん転がっているのです。

「答え」が公開されてしまっているビジネスモデル

ただアフィリエイトの場合、稼いでいないアフィリエイトサイトも同じように多く転がっていますから、「どのサイトをヒントにすれば良いのか?」という問題は残ってしまいます。

色々な検索キーワードで検索してみれば多くのアフィリエイトサイトがヒットすると思いますが、そのサイトにはどれくらいのPVがあって、どれくらいの成約があるのかは推測することしかできません。

「答え」がインターネット上に転がっているとは言え、経験が無ければ「ヒントにする価値のあるアフィリエイトサイト」はなかなか見つけにくいものです。

しかし、そんな「答え」を簡単に知ることができてしまうビジネスがひとつあります。

YouTube動画で稼ぐ、広告ビジネスとは

「答え」を簡単に知ることができるビジネスとは、YouTube動画を投稿して稼ぐ、広告ビジネスです。

YouTubeは1再生あたり0.1円~0.2円の広告収入が相場ですから、その相場さえ知っていれば、どういう動画がどれくらい稼いでいるのかも計算できてしまいます。

たとえばこちらの動画を見てみて下さい。

youtubeanpanman

アップロード日も公開されているので、どの期間でその収益が発生しているのかも概算できてしまいます。

おもちゃを紹介しているだけの動画ですが、少なく見積もってもこの動画だけで200万円~400万円を稼いでいることがわかります。

その動画の投稿者のチャンネルを見ることによっても、その投稿者が他にどのような動画を投稿して稼いでいるのかも全て見ることもできてしまいます。

ブログやアフィリエイトサイトとは違って、感覚や経験で推測するものでも無く、収入を計算するだけで「答え」を見つけることができてしまうわけです。

「どのような動画をアップロードしてどのようなタイトルを付けるのか?」
「そうすればどれくらいの金額をどれくらいの期間で稼ぐことができるか?」

こういったことが全て一目でわかってしまうのがYouTubeビジネスなのです。

稼いでいる動画、つまり「答え」はいくらでも集めることができてしまうのですから、それらをヒントにして動画を作って投稿していくことができます。

稼いでいる動画をヒントにして、むしろ「答えに簡単にあやかることができてしまうビジネス」は、YouTubeビジネス以外に無いのではないでしょうか。

YouTubeで稼ぐために知っておくべきこと

これからインターネットビジネスを始めるということであれば、YouTubeビジネスは本当におすすめです。

特に簡単に投稿できる動画にも関わらず大きな成果を出すことができるYouTubeビジネスの稼ぎ方は、以下で紹介されているノウハウです。

・ Evil Youtuber Subject

法律の知識やYouTubeの規約に関して丁寧に詳しく説明されていますので、本格的にYouTubeビジネスに取り組む前には、是非、リスクリバーサルのためにも目を通してみて下さい。


ブランドが無くても、大量にお客さんを集める方法(無料ビデオ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

実績:大手ASPアフィリエイターランキングTOP100以内。経歴:上場企業の広告代理店勤務、アフィリエイト歴7年。スキル:WEBデザイン、コピーライティング、ネット広告運用、WEBメディア運営、SEO、SEM、LPO、アクセス解析など。プログラミングも多少できます。