YouTubeに見る、これからのインターネット市場

2018年には動画が総トラフィックの75%に

これからの時代、インターネットメディアの中でも最も大きなメディアは「動画」になっていくのかもしれません。

これまでインターネットメディアに限らず、主要マスメディアがテクノロジーの進化に伴って、新聞や雑誌からラジオに移り、更にはテレビに移っていきました。

「テキスト ⇒ 音声 ⇒ 映像」と、メディアの形が変化していったように、インターネット空間の中でも同じようにメディアの形が変わっていくことも自然なことだと言えるのではないでしょうか。

アメリカのCisco Systemの研究と予測では、2018年には動画が総トラフィックの75%になっていくとのことです。

yu_ciscovideo

参考、http://www.cisco.com/c/en/us/solutions/collateral/service-provider/vni-service-adoption-forecast/Cisco_VNI_SA_Forecast_WP.html

もちろん、新聞やラジオにしかない役割があり、今でも需要があるように、インターネットにおいても、テキストデータ、音声データにもそれぞれの役割がありますし、これからも需要が無くなることはないでしょう。

しかし、今後インターネットビジネス・インターネットマーケティングを考える上で「YouTube」というメディアは、最も大きなメディアのひとつになる可能性は、控え目に見てもかなり高いと言えるのではないでしょうか。

・ youtube association


ブランドが無くても、大量にお客さんを集める方法(無料ビデオ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

実績:大手ASPアフィリエイターランキングTOP100以内。経歴:上場企業の広告代理店勤務、アフィリエイト歴7年。スキル:WEBデザイン、コピーライティング、ネット広告運用、WEBメディア運営、SEO、SEM、LPO、アクセス解析など。プログラミングも多少できます。