Catch the Writingに価値は無い?特典紹介、レビュー、評価 横山直広

Catch the Writingとは?

ウェブマーケティングという分野では知名度、評判、実績もあるCatch the Webの横山直広さんより、コピーライティング教材がリリースされました。

テーマが「コピーライティング」ということでしたので、早速この「Catch the Writing」について書いていきたいと思います。

Catch the Writing(キャッチ・ザ・ライティング)

ctwtop
販売業者名:Catch the Web Asia Sdn Bhd.
運営統括責任者:横山 直広
所在地:Suite 7-03, Level 7, Menara IGB, Mid Valley City,
Lingkaran Syed  Putra, 59200 Kuala Lumpur
電話番号:050-5586-3870
メールアドレス:member@ctw-asia.com
販売URL:http://az.ctwpromotion.net/writing/letter/afinfo.html

Catch the Writingに価値はあるか?

情報商材に関わらずビジネス書でもそうですが、「ライティング」をテーマとしたものは多くあります。

それだけ需要があるということであり、その重要性が認識されているということでもあると思います。

改めてライティングの重要性をここで説明する必要性は無いと思いますので、早速コンテンツの方に触れていきましょう。

簡単に説明すると、この「Catch the Writing」はコピーライティングという分野の中でも、商品を売るための「セールスライティング」の教材です。

売れる文章を書く技術を修得することを目的とした、横山直広さんのセミナー動画教材です。

「Catch the Writing」の特徴

コピーライティングをテーマにしたほとんどのビジネス教材や書籍というのは、

「○○の法則を使えば売れますよ!」
「○○の方でレターを書けば成約率が高まります!」
「○○の心理的作用を応用すれば反応します!」

・・・などなど「読み手の反応や成約率を高めること」を目的とされているのでは無いでしょうか。

言い換えれば、

「どうすればその広告の利益を最大にして儲けられるか」

というポイントに焦点が当てられている教材です。

もちろん、このポイントに焦点を当てて考えることは間違っていないとも言えますが、僕達の目的は「ビジネス全体として利益を上げること」であって、広告一枚の成約率をただ闇雲に高めることが目的では無いはずです。

僕は広告の売り上げを高める技術にばかり焦点が当てられたコピーライティング技術の風潮には以前から常々疑問を持っていました。

広告の成約率とはマーケティングの一環であって、ビジネス全体の視点で考えなければ、どういった広告が最適であるかは見えて来ないと思うのです。

成約率や瞬間最大風速的な利益を考えるだけでなく、

「その場の成約率を高めることが、本当に重要なのか?」

ということを考えなければいけないと僕は考えています。

ビジネスモデルの基本原理

ビジネスで利益を安定的に上げるためには「顧客の創造と維持」という考え方があります。

ビジネスモデルを構築していくということは、

「いかに顧客を創り上げ、いかに顧客を維持していくか」

と言い換えることができます。

いくら新規顧客を増やすことができたとしても、顧客を維持できなければビジネスは安定しませんし、いつまでも自転車操業を行っている感覚になってしまうと思います。

このように考えてみると、成約をただ高めることだけに焦点を当てることがコピーライティングスキルでは無いと思うのです。

ビジネス全体の利益を考えるのであれば、「とにかくその場の成約率を高めること」ばかりに焦点が当てるべきではありません。

しっかりと「顧客の維持」にまで焦点を当てた、広告の書き方を解説しているものは無いと思うのです。

そんな「目先の利益だけを追いかけたスキル」を身に付けたとしても、安定的に利益を生み出すビジネスを構築していくことができるはずありません。

安定を生み出すコピーライティングスキルとは

「収入を安定させること」を目的とするのなら、顧客の維持するという視点を含めたコピーライティングスキルが必要だと僕は考えています。

具体的には「商品を手に取って欲しい人だけに商品を買ってもらえるコピーライティングスキル」です。

その商品やサービスにお金を払うことによって、価値を感じてくれるお客さんだけが反応してくれる、そんなセールス文章を書くことができれば、商品を買ってくれたお客さん全員に「商品を買ってよかった」と感じて頂けるはずです。

安定したビジネスを構築するために、また収益を右肩上がりに高めていきたいのであれば、

「商品を手に取って欲しい人だけに商品を買ってもらえるコピーライティングスキル」こそ身に付ける価値のあるスキルだと思います。

「Catch the Writing」で学べるスキル

「Catch the Writing」は、

「商品を手に取って欲しい人だけに商品を買ってもらえるコピーライティングスキル」

を学ぶことができる教材です。

教材本編でも解説されていることですが、いかに顧客の満足度を高めるか?という視点のビジネスマインドが横山さんの根本にあるようで、だからこそCatch the Webの実績はここまで伸びているとも思うのです。

「商品を手に取って欲しい人だけに商品を買ってもらえるコピーライティングスキル」

そんなスキルを身に付けたいということであれば、是非この教材は役に立つのではないでしょうか。

Catch the Writingの詳細

Catch the Writingの限定オリジナル特典

僕のブログより「Catch the Writing」をご購入頂いた際には、以下の特典コンテンツをお渡しさせて頂きます。

copywriting breakthrough
ビジネスに必要な”ライティング技術”を身に付ける

僕の限定ビジネス企画である「コピーライティング企画」の参加権利を特典としてお付け致します。

以下でこの企画でお伝えしている内容をまとめていますので、是非こちらも一度目を通して頂けますと幸いです。

・ copywriting breakthrough の詳細

【特典サポート】成瀬智貴からの個別メールサポート
友達感覚でも全然OKです、わからないことがあれば気軽に連絡下さい

この「Catch the Writing」で説明されているノウハウについての質問や実践についての相談は、僕の方からで構わないということであれば個別にサポートさせて頂きます。

現在はサポートの期限や回数などについては特に制限をしていませんので、何かあればその都度気軽に僕のアドレスの方に連絡頂ければと思います。

原則としてサポートは24時間以内のメールでの回答とさせて頂きますが、質問内容によってはこちらからスカイプなどでの回答を提案させて頂く場合があります。

限定オリジナル特典の受け取り方法

特典コンテンツのお受け取りを希望頂ける場合は、以下のリンクより教材をご購入をお願い致します。

【成瀬特典付き】Catch the Writingに参加する

確認画面にて、以下の記載があることをご確認の上、ご購入頂きますようお願い致します。

breakthroughs

教材についてのご質問など

「Catch the Writing」について何かご不明な点、質問などありましたら、いつでも以下のフォームよりご連絡下さい。

・ お問い合わせはこちら


ブランドが無くても、大量にお客さんを集める方法(無料ビデオ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

実績:大手ASPアフィリエイターランキングTOP100以内。経歴:上場企業の広告代理店勤務、アフィリエイト歴7年。スキル:WEBデザイン、コピーライティング、ネット広告運用、WEBメディア運営、SEO、SEM、LPO、アクセス解析など。プログラミングも多少できます。