起業するなら「大富豪の起業術」をおすすめする理由(マイケル・マスターソン)

書店に並んでいる本のほとんどは、「これから起業したい人向けの本」ではありません。

マネジメント、経営、セールス、、、といったテーマの本はたくさんありますが、そういった本のほとんどは「すでに起業して会社を経営しているけど、思った以上になかなか売り上げが伸びない人」に向けての本です。

「起業したいけど、そのための努力をしようにも、何をすれば良いのかもわからない」という、ただ漠然と「起業には憧れるけど、どう一歩を踏み出したら良いんだろう?」という、これから起業する人に向けての本はなかなかありません。

「大富豪の起業術」は、そんな「ただ漠然と起業したい人」に向けて、はっきりとした行動の基準、つまり「今、何をすれば良いのか?」の答えをズバッと言ってくれる、数少ないビジネス書です。

「稼ぐための思考/考え方を身に付けましょう!」

そんなことがよく言われますが、僕が自分でビジネスを始めたばかりの頃は、「いやいや、それが大事なことはわかるけど、順番が逆でしょ、、、」と思っていました。もちろん、自分の考え方を見直すことは重要だと思います。でも、色々と実践してみるからこそ、ビジネスで成果を出せる思考や考え方になっていく部分の方が大きいと思うからです。

つまり、現実的なことを言えば、「いつ、何を、どうやってやれば良いのか?」という、はっきりとした具体的なやるべきこと(=行動指針)を教えてもらえなければ、特に初心者のうちは何から行動していけば良いかわからないものだと思います。

「何をすれば良いかわからない」と悩んでしまって、うんうんと頭で考え込んで立ち止まってしまっているくらいなら、この本に書かれていることを行動指針として、まずは素直に行動していく方が、きっと目標に近付いていくはずです。

大富豪の起業術
著者:マイケル・マスターソン
販売元:ダイレクト出版
内容:スタートアップ、起業
http://www.directbook.jp/bds/

大富豪の起業術は、特にスタートアップにおすすめ

大富豪の起業術は、事業の成長段階を4つにわけて、その段階ごとに「何を、どのタイミングで、どうやってやれば良いのか?」について、具体的な行動指針が体系的にまとめられている本です。

この本の著者、マイケル・マスターソンは、年商100億円以上の会社を2社、50億円以上の会社が2社、10億円以上の会社を10社以上をゼロから育ている、いわゆる「ゼロイチ起業家」として実績のある方です。

現に実績のある起業家の書いた「具体的な0→1の作り方」ですから、「どの段階で何をするべきか?」の考え方や具体的なノウハウは何よりも説得力があります。

特にこれから起業する場合、つまり「ゼロイチを今から作ろうとしている起業準備中の人」にとっては、きっとかなり参考になる内容です。少なくとも、僕は「この本を読んでいなかったら、今よりも遠回りしていたんじゃないか、、、」と思っています。

「スタートアップでやるべきこと」が、この本に書かれていることではっきりしましたし、自分が取り組むべきことがブレなくなったように思います。実際、僕もスタートアップのときにはこの本に書かれている内容をほぼそのまま参考にしましたし、かなりスタートアップに役に立ったと思っています。

大富豪の起業術で、どんな内容が学べる?

マイケル・マスターソンの起業の考え方は、以下のように事業段階をステージ別にわけていて、まずは自分のステージを見極めて、ステージごとに重要なこと、つまり「やるべきこと・力を入れるべきこと」をしっかりと考えて行動すべき、という考え方が基本です。

ステージ1幼年期:年商0~1億円
ステージ2少年期:年商1~10億円
ステージ3青年期:年商10~50億円
ステージ4成人期:年商50~

それこそ、本の中では「今、ステージ4の会社、ステージ2や3の会社がどのように立ち上げられたか?」という、マイケル・マスターソン自身の事例も多く解説されていて、ロジカルでスマートな戦略系の話というよりは、マイケル・マスターソンが実際にこれまで経験してきた上で積み重ねてきたノウハウであることが、読んでいてすごく伝わってくる、泥臭い実践的な内容です。

マッキンゼーやBCGなど、コンサル出身の著者が書いた本や、経営学者の方の本も僕は嫌いではないですし、それはそれで役に立つと思っていますが、自分が取り組んできた、経験値のある実務家の書いた本というのは、コンサル出身の方や経営学者の方の本とはまた違った「そのまま自分のビジネスに落とし込めるリアリティのあるノウハウ」が多く詰まっていると思っています。

特にこれからスタートアップを考えているのであれば、読んでいて、「そうそう、その部分で悩んでいたんだよ、、、」という、痒いところに手が届く内容になっていると思います。何より、自分がやるべきこともはっきりするので、モチベーションが湧いてくると思います。笑

理屈っぽい机上の空論のような、「で、結局何すればお金を稼げるの?じゃあどうすれば良いの?」という感想になってしまう本は読みたくない、という方も少なくないと思います。

「どうすればお金を稼げるのか?」という、実践的な内容を求めていて、「この本を右手に持って今すぐにでも起業できる」という本を探している、そういう本が欲しいと考えているなら、きっと「大富豪の起業術」はぴったりです。

特に、PART1とPART2は必見です。この2つのPARTを読むだけでも「こうすればゼロイチが作れるのか!」というイメージができるようになると思いますし、これから自分が起業して会社を成長させていくために、やるべきことがクリアになるはずです。

ちなみに、この本を出版しているダイレクト出版株式会社の小川忠洋さん自身も、「この本を教科書にしてダイレクト出版を作った」とおっしゃっています。

「大富豪の起業術」は、現実的な起業の仕方、現実的なスタートアップのノウハウ、具体的なステップが解説されている、数少ない貴重な「必読の起業本」だと思います。非常におすすめです。

大富豪の起業術
著者:マイケル・マスターソン
販売元:ダイレクト出版
内容:スタートアップ、起業
http://www.directbook.jp/bds/

公式サイトはこちら


ブランドが無くても、大量にお客さんを集める方法(無料ビデオ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

実績:大手ASPアフィリエイターランキングTOP100以内。経歴:上場企業の広告代理店勤務、アフィリエイト歴7年。スキル:WEBデザイン、コピーライティング、ネット広告運用、WEBメディア運営、SEO、SEM、LPO、アクセス解析など。プログラミングも多少できます。