僕が大手ASPでアフィリエイターランキングTOP100以内にランクインした方法

アフィリエイトと一括りに言っても、Googleアドセンス、物販、情報商材、、、などの広告の種類、扱う商品の種類は様々ですし、その広告を紹介するためのメディアにも、メルマガ、ブログ、facebook、Twitter、YouTube・・・などの様々な種類があります。

ここでは「成約報酬型の広告で稼ぐためには、どうすれば良いのか?」を考えていきたいと思います。また、それぞれのメディアごとの細かいノウハウももちろん大事ですが、メディアによらない共通して大切なノウハウもあります。今回は「メディアによらないアフィリエイトで稼ぐためのポイント」について書いていきます。

アフィリエイトとは、「お客さんと商品を橋渡しすることがお金になるビジネス」です。しかし、ただ闇雲にお客さんを集めてただ闇雲に商品を紹介しても成果に繋がっていくことはありません。

ただ「それがダメなことはわかるけど、どうすれば良いのかがわからない」という部分で悩んでしまっているアフィリエイターさんは、おそらく多いと思います。

「ダメなことはわかるけど、どうすれば良くなるかがわからない」といった問題は、表面に見えている問題よりも、もう少し深い部分から視点や考え方を変えていかなければいけません。まずは「アフィリエイトで稼ぐとはどういうことか?」という話から順番に考えていきたいと思います。

○○アフィリエイトで稼ぐとはどういうことか?

Twitterアフィリエイトで稼ぐ方法、YouTubeアフィリエイトで稼ぐ方法、facebookアフィリエイトで稼ぐ方法、PPCアフィリエイトで稼ぐ方法、YDNアフィリエイトで稼ぐ方法、、、

世の中にある、いわゆる「アフィリエイトノウハウ」は、基本的にメディアを中心に考えられていものがほとんどだと思います。たとえば「稼ぎ方を教えます!」といった類の情報商材や塾は、ほとんどがメディアを前面に押し出しているものではないでしょうか。

○○流Twitterアフィリエイト塾、○○式facebook集客ツール、、、このようなものはたくさんあります。しかし、僕はメディアを中心にして稼ぎ方を考えていくことはあまりおすすめしていません。

当たり前のことを何度も繰り返すようですが、アフィリエイトとは「商品とお客さんを橋渡しすること」です。広告主側から見たアフィリエイターに期待している、ひとつの役割と価値は商品やサービスの販売者(販売会社)に代わってお客さんを集めてくれることであって、商品とお客さんを「橋渡ししてくれること」にあります。

この「橋渡しをしてくれたこと」に対するお礼がアフィリエイト報酬と考えるべきです。

アフィリエイターにとってのブログ、Twitter、YouTube、facebook、メルマガ・・・といったメディアは、お客さんと商品の橋渡しをするための場所のひとつでしかありません。

またPPC、YDN、プロモ―ションツイート・・・などの集客を行うための広告は、メディアにお客さんを集めるための手段のひとつでしか無いのです。

アフィリエイトで稼ぐためにやってはいけないこと

アフィリエイターの役割は橋渡しをすることが「目的」ですので、そのために「どこでどうやって橋渡しをすれば良いのか」という場所や手段ばかりに目を向けてしまってはいけません。つまり「メディア(=場所)」や「広告の使い方・集客ノウハウ(=手段)」に目を向けてはいけないということです。

こういった部分にばかり目を向けてしまっていると、新しい場所やノウハウを知るために、常にアンテナを張り続けなければ稼ぎ続けることは難しくなってしまいます。自分の実践している場所やノウハウと同じことをするライバルが徐々に増えれば、当然いつかは「飽和状態」になってしまうからです。

「これからネットビジネスを始めたいのですが・・・」といった初心者さんからは今でも多く相談メールを頂きますが、その中でも多く頂く質問や相談のひとつが「既に飽和してしまっていて、アフィリエイトはもう稼げないのではないか?」という内容です。

もちろん、同じメディアで同じノウハウを実践していれば、時間が経てばいつかは必ず飽和してしまいます。ですので、僕はそもそも「目新しいメディアやノウハウ」でライバルのいない場所を探そうという考え方を持ってアフィリエイトに取り組むことはしていません。

僕がアフィリエイトで稼ぐために考えていることは、「どんなお客さんを集めて、どんな商品を橋渡しするか」の組み合わせ方です。

お客さんと商品の組み合わせ方を工夫する

僕はアフィリエイトに取り組む際、お客さんと商品の「組み合わせ方」で、自分なりに工夫ができないかを徹底的に考えていきます。多くのアフィリエイターは、メディアやノウハウばかりに目を向けています。

つまり「どこでどうやって橋渡しをするか?」にばかり目を向けています。そうでは無く、僕は「どんなお客さんに、どんな商品を橋渡しするか?」を考えるべきです。

たとえば「どんなお客さんを集めるか?」を考える場合、性格、職業、年齢、悩みの種類・・・など、色々なお客さん像をいくらでも考えることができると思います。またアフィリエイトすることができる商品も、ASPを見ればわかるように、日々新しい商品が続々と追加されていっています。

「どうやって橋渡しをするか?」という選択肢だけで考えていると、どうしてもメディアの数とノウハウの数だけしかありません。ということは、結果的に多くのアフィリエイターと被ってしまいます。

しかし、「どんなお客さんにどんな商品を橋渡しするか?」という組み合わせ方は、考え方とアイデア次第でどれだけでも思い付くことができるはずです。

この考え方でアフィリエイトに取り組むことのひとつの大きなメリットは、たとえその商品を取り扱うアフィリエイターが多い売れ筋の商品だったとしても、「どんなお客さんに紹介するか?」という部分を工夫することで成約できることにあります。

極端なことを言えば、アフィリエイターの本来のやるべきことは「橋渡しすること」なのですから、そのためのメディアや集客方法は何でも構いません。むしろ「どういうお客さんを集めて、どういう商品を紹介しようか?」がはっきりすれば、そのためにどんなメディアを使ったり、どんな広告やノウハウで集めれば良いかは見えて来るものです。

たとえば「Twitterにはこういうユーザーが多い」「facebookにはこういうユーザーが多い」ということを知っていれば、自分の集めたいお客さんを集めるために、どのメディアに目を付ければ良いかの検討が付くからです。

また「PPC広告を使うと○○ということができる」「YDN広告では○○ということができる」というざっくりとした知識さえ知っていれば、どういう手段でお客さんを集めればベターなのかもわかるようになります。

「場所」と「手段」から考えるということ

アフィリエイトに限らずなんでもそうですが、目的から考えてから手段を考えていくという順番が、一番基本的な目的達成のための考え方です。

アフィリエイトの目的は常に「どんな商品とどんなお客さんを橋渡しするか」です。そんな目的を据えて、メディアやノウハウ、自分が取るべき行動を選ぶべきです。

逆に言えば、メディアや集客の手段に先に目を向けるということは、この「どんな商品とどんなお客さんを橋渡しするか」を後から考えるということです。僕も場合によってはメディアから考えることはあります。

ただ、それも「どんなお客さんを集めて、どんな商品を紹介するかの組み合わせ」を考えるための視点を増やすためのテクニックとして考えるべきです。

どの方向から考えても結局は、「こういうお客さんを集めて、こういう商品を橋渡ししたら、興味を持ってくれて買ってくれるんじゃないか」ということを中心に考えるようにしてみてください。

どんな商品と、どんなお客さんを橋渡しすればいいのか?

それでは実際に、アフィリエイトで稼ぐために「どんな商品とどんなお客さんを橋渡しするか」という組み合わせ方は、どうやって考えていけば良いのでしょうか?

この部分を適当に考えて決めてしまうと、結局ライバルのアフィリエイターが同じ商品に、同じようなお客さんを、同じような場所で、同じように集めて紹介することになってしまいます。そもそも「組み合わせ方を工夫すること」は、ライバルのいないところを作ってアフィリエイトを行うことが目的だったのですから、ライバルと同じことをしていては全く意味がありません。

僕の場合、まずやることとして、実際の商品や商品の販売ページを見ながら「その商品をどんな人なら欲しいと思うのか」を徹底的に考え抜くようにしています。

この「商品から考える」ということがポイントなのですが、広告主側の視点から考えてみると、実はその商品を欲しい人が見えてくるからです。

そもそも商品やサービスがあるということは、その販売主が市場をリサーチした結果としてその商品やサービスを作った、というものであるはずです。商品を作る前に、まず市場のお客さんをリサーチすることはビジネスの基本ですから、今の時代、それをやらずに商品やサービスを作っている会社はまずありません。

ということは、逆に考えれば、

「商品があるということは、誰かのニーズに応えるものになっている」

ということです。

こういった広告主側の狙いを考えながら、「どんなお客さんを狙ってそもそも作った商品やサービスなのか?」を自分なりに推測していきます。ただ漠然と「どんな商品とどんなお客さんを橋渡しするか?」を考えるよりは、かなり考えやすくなると思います。

ここでしっかりと考え抜いてうまくハマったときには、集まるお客さんが商品にマッチしているのですから、小難しいコピーライティング云々やセールス云々などもほとんど関係無く、橋渡しさえできれば一定数が成約していく、という考え方です。

商品とお客さんの組み合わせ方が決まったあとは、「そのお客さんどこにいるのか?」「そのお客さんはどうやったら集まるか?」を考えて、実際にお客さんを自分のメディアに集めていきます。

一見するとここが大変なように思えるかもしれませんが、実はここの作業は全く難しいことではありません。なぜなら、ただ「知識があるかどうか」の違いだからです。

それぞれのメディアの特徴と、それぞれの集客ノウハウが知識としてあれば、どのメディアとノウハウを選べばベターであるかはわかるはずです。

アフィリエイトで稼ぐためのステップ

これからの時代、アフィリエイトで稼いでいきたいのであれば、「どういうお客さんを集めるか?」「どういう商品を提供するか?」このどちらか、あるいは両方を工夫して組み合わせ方を考えるようにしてみて下さい。

ここが平凡であるといつまでも商品は成約しませんし、それをしないのであれば、とにかく新しいメディアを見つけるか、新しいノウハウを探し続けなければアフィリエイトで稼ぎ続けることはできないと思います。

ただ逆に言えば、「その商品を欲しい人とは、一体どんな人なのか?」「この人は、一体どんな商品なら欲しいと思うのか?」この二つの視点で考えることさえできれば、小難しいスキルやテクニックは一切無くても大きくアフィリエイト報酬を稼ぐことができるようになるはずです。

僕は、お客さんと商品を「どこでどうやって橋渡しするか」というポイントにばかり目を向けてしまって、色々なノウハウを漁り続けることはおすすめしません。

ブログがダメだったからTwitter、Twitterがダメだからfacebook、アクセスが集まらないからPPC、PPCがダメだったから・・・これを繰り返し続けているだけではなかなか稼げるようにならないと思いますし、何より報酬が不安定になってしまいます。

というよりも、アフィリエイターもどんどん増えているこれからの時代を考えてみれば、非常に効率が悪いやり方と言えます。ノウハウの種類、メディアの種類、広告の種類は本当にたくさんありますし、それぞれ細かい話やテクニックを全て求めて始めるとキリがありません。

それらを全てゼロから知識を身に付けてスキルを身に付けようとしても、ただ混乱してしまうだけか、アフィリエイトを始める前の準備だけのためにどれだけ時間やお金が掛かるのか、またそれがどれだけ大変であるかは想像に難くないと思います。

是非、「お客さんと商品の橋渡しの組み合わせ方」という視点でアフィリエイトに取り組んでみて下さい。

その後で「こういうお客さんとこの商品を橋渡しするにはどうすればいいのか?」という順番で「どんなユーザーを自分のメディアに呼び込めばいいか?」「そのためには、どんなメディアを使えば(組み合わせれば)手っ取り早く、リスクも無いか?」と考えるようにしていくだけで、メディアや手段も自然と選択できるようになるはずです。

そんな中で、徐々に必要性を感じてからメディアに関する知識を更に増やしていったり、その他のスキルも少しずつ向上させていけば十分に間に合う、と僕は考えています。


ブランドが無くても、大量にお客さんを集める方法(無料ビデオ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

実績:大手ASPアフィリエイターランキングTOP100以内。経歴:上場企業の広告代理店勤務、アフィリエイト歴7年。スキル:WEBデザイン、コピーライティング、ネット広告運用、WEBメディア運営、SEO、SEM、LPO、アクセス解析など。プログラミングも多少できます。