Evil Youtuber Subject とGiga Tubeの評判、内容についての補足(尾上雄二)

「Evil Youtuber Subject」と「Giga Tube」の補足解説

僕のサイトで紹介している「Evil YouTuber Subject」と「Giga Tube」について、多くの質問を頂いている状況ですので、このページでは補足説明をさせて頂きます。

一応、このブログのお問合せフォームより質問を頂いた場合には個別で回答させて頂いていますが、頻繁に頂く質問と回答は、随時このページに追加していきたいと思います。

是非、検討中の方は参考にして頂けますと幸いです。

・ 「Evil Youtuber Subject」のレビューはこちら

・ 「Giga Tube」のレビューはこちら

特に「Evil Youtuber Subject」の方は記事を公開して以来、たくさんの方に僕のブログからも参加頂いています。

jisseki
evi giga

(2015年7月現在の、ここ最近の参加者さんの参加状況です。)

教材代金を回収したという報告から月収で○十万円を超えたという報告まで、既に実践者さんから僕の方にもノウハウの実績報告メールを多く頂いています。

「Evil YouTuber Subject」はノウハウの特性上、実践者さんのサポートをさせて頂く中で強く感じることは、やはり「報酬発生までのスピード感」です。

「YouTubeに動画を投稿したことが無い」あるいは「動画作成自体が初めて」という初心者さんの場合、パソコンの操作・技術の面で苦戦してしまうことが壁になってしまう方もいらっしゃいます。

ですが、その壁さえ克服できてしまえば、

「わずか数分で作成した動画でも、公開から数日で爆発的な再生回数を生む」

ということも自分の肌で直接感じることができるノウハウです。

「Giga Tube」はYouTubeマーケティングを取り入れた情報商材アフィリエイトを学ぶことができる教材です。

YouTubeマーケティングはこれからの時代、インターネットマーケティングを考えるためには欠かせないスキルになっていくと思いますし、単価の高い情報商材のアフィリエイトを扱っていくビジネスですので、YouTubeアドセンスを実践しているのであれば、並行して実践していく価値はあるノウハウだと思います。

どちらの教材も、僕のブログからの参加者さんであれば個別に実践サポートもさせて頂いていますので、何か「Evil Youtuber Subject」や「Giga Tube」の実践に関して質問や相談などがありましたら、気軽にメール頂ければと思います。

「Evil Youtuber Subject」と「Giga Tube」の質問と回答

(質問)
「Evil YouTuber Subject」の購入をこれから検討していますが、先に準備しておくべきことはありますか?

(回答)
準備しておいた方が良い環境や道具という意味であれば、特に特別なものは必要ありません。

インターネット環境とパソコン一台があれば実践できます。

動画をアップロードしなければいけないので、通信制限のあるポケットWi-Fiであったり、3~4年以上前のパソコンということで無ければ問題は無いと思います。

普通のインターネット環境、普通のパソコンがあれば問題無く実践できます。

インターネット環境やパソコンについては以下の記事で解説していますので、参考にしてみて下さい。

・ インターネットビジネスの始め方と必要な準備

(質問)
「Evil Youtuber Subject」は、女性の僕でも実践できる内容でしょうか?

(回答)
「Evil Youtuber Subject」のノウハウ自体はネタ元から素材を引っ張ってきて、その素材を動画に編集していく作業になります。

性別、年齢は特に関係無い作業ですので、心配されなくても問題無いと思います。

逆に言えば、僕は20代ですし「20代が好みそうな動画」を作ることはできると思っています。(実際の年齢というよりも、感性の違いかもしれませんが)

ただ、たとえば僕は「40代の主婦の方の気持ち」は想像することしかできません。

そういった意味では、年齢、性別、職業などによって感性は違うと思いますし、感性によって見つけられるネタ素材も投稿できる動画の種類も変わって来ると思います。

僕は一定のユーザー層に対してであれば、反応の良い動画は作れる自信はありますが、反応が取れる自信が全く無いユーザー層もいます。

逆に言えば、僕には反応が取れないユーザー層であっても、「40代の主婦の方」が作るからこそ反応を取ることができるユーザー層は確実にいます。

女性であることや年齢にデメリットはひとつも無いと思います。

(質問)
「Evil YouTuber Subject」と「Giga Tube」を今から実践しても稼げますか?2015年にリリースされた教材ですし、実践者が多くなってきていると思います。

(回答)
「YouTube市場」はまだまだ拡大していますし、実践者が増えてきていると言っても、現在も継続的に成果報告を頂いています。

ビジネスにおいて「飽和」というのは永遠のテーマですが、僕は飽和するかどうかはビジネスモデル次第だと思います。

たとえば転売系のビジネス。

実践者の全員が「同じ仕入れルートで同じ商品を仕入れて、同じ場所で売る」というノウハウの教材であれば、実践者が増えればすぐに飽和してしまうと思います。

ただ「Evil Youtuber Subject」のノウハウは、工夫次第でネタ元はいくらでも考えることができるノウハウです。

メインのコンテンツは、

・著作権の法律的な話とYouTube規約の話、尾上さんの実験結果
・その視点から、動画を量産していく考え方

です。

「YouTubeビジネスを実践するための知識」や「動画ネタを生み出していく考え方」を学ぶための教材です。

むしろ僕の場合、様々なライバルの実践者さんの投稿を見ることで「そういう動画ネタもありなのか」とヒントを得られることの方が多いです。
(ちなみに僕の場合「Evil Youtuber Subject」の実践者が増えたと言っても、YouTubeによる収益は右肩上がりに増え続けています。)

もちろん、このままYouTube市場にライバルが増え続ければどうなるかはわかりませんが、現段階ではまだまだ需要と供給が全く釣り合っていない市場という感覚です。

結局、ライバルがいないノウハウや市場というのはあり得ませんので、「やるかやらないか」を考える時間の方が僕はもったいないと思います。

動画投稿にお金が掛かるというようなことであれば、躊躇う気持ちもわかりますが、YouTubeに動画を投稿することに金銭的なリスクは一切ありません。

現状、YouTubeビジネスは実践者も少ないので、個人的には他のインターネットビジネス手法よりも稼ぎやすいという感覚はあります。

「GigaTube」も基本的に同じ考え方ですが、こちらは「Evil Youtuber Subject」を実践されている方に比べても、また更に実践者が少ないノウハウです。

「手軽に稼げる」とまでは言いませんが、その視点で見ればどのビジネスでも同じだと思います。

ただ「YouTubeマーケティング」は、間違い無くこれからも息の長いビジネススキルになっていくと思いますので、これから参入していく価値はあると思います。

どんな市場でも、どんなビジネスでも、自分より「先行者」は絶対にいます。

よく言われることではありますが、たくさんの「ライバル」が稼いでいるということは、その市場とそのノウハウで「それだけのお金」が動いているということです。

最後に、少しハードルを上げてしまうかもしれませんが、「ライバルがいないところで稼ぐ」という意識よりも、「既存のライバルを抜かす意識で取り組む」という方が実力も付きますし、僕の経験的にも、そういった考え方の方が結果的に報酬にも繋がっていっています。

是非、参考にしてみて下さい。


ブランドが無くても、大量にお客さんを集める方法(無料ビデオ)


1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    実績:大手ASPアフィリエイターランキングTOP100以内。経歴:上場企業の広告代理店勤務、アフィリエイト歴7年。スキル:WEBデザイン、コピーライティング、ネット広告運用、WEBメディア運営、SEO、SEM、LPO、アクセス解析など。プログラミングも多少できます。