アフィリエイターが目指すべきは「視聴率の高いテレビ」

アフィリエイトをスタートするとき、たくさんのことを勉強しないといけないと思っていませんか?

また、たくさんのことをやらなければいけないと思っていませんか?

もし、自分の中で「あれもこれもやらないといけない、、、」「やるべきことの優先順位をうまく付けられない、、、」と思うなら、今回の話はきっと役に立つはずです。

基本的な話ですが、これをしっかりと意識的にできているアフィリエイターは、月収100万円を超える成果を出しているアフィリエイターの中でも少ないかもしれません、、、

結局のところ、何が一番大事なのか?

アフィリエイトで大きく結果を出すために一番大事なことは、商品を販売するスキルがあるとか、文章がうまいとか、知識量があるとか、そういったことではありません。

では、何が一番重要なのか?

その答えは、アフィリエイトがそもそも「広告」であることを思い出せば明らかです。

「広告」と言われてパッと頭に浮かぶのは、僕の場合はテレビCMです。

そもそも、企業は大金を払って、なぜテレビCMは流すのでしょうか?

当たり前ですが、「たくさんの人に商品を知ってもらうこと」が目的ですよね。

テレビCMの相場は、日本テレビ・テレビ朝日・TBS・テレビ東京・フジテレビといったキー局では、相場が75万円〜100万円(1本15秒)です。

参考:https://www.kokoku-direct.jp/massmedia/tvcm/

そして、CMの料金は視聴率でも変動します。視聴率が高くなればなるほど、CM一本あたりの料金も高くなります。

つまり、ここにひとつの広告ビジネスの基本的なルールがひとつ、わかります。

それは「人が集まれば集まるほど、そこにはお金が払われている」ということです。

アフィリエイトの価値を、逆の立場から考えてみる

アフィリエイトをして欲しい(=宣伝して欲しい)と言う企業がいるということは、商品を宣伝してくれる代わりにアフィリエイト報酬を払いたい、と考えている企業がたくさんいるということです。

アフィリエイター側からみれば、アフィリエイト報酬は「利益」ですが、紹介料として報酬を払う側の企業からみれば「広告費」です。

テレビCMは、視聴率が高ければ高いほど、そしてキー局(有名なテレビ局)であればあるほど、一本あたりの値段は高くなります。それと同じように、アフィリエイトも考えることができます。

たくさんの人が集まっているメディア(=視聴率の高いメディア)を作ることができれば、そこには「大金を払ってでも広告を掲載して欲しい」と考える企業がたくさんいるのです。

「人が集まっているかどうか?」が一番のポイント

アフィリエイトで成果を出したいなら、まず一番に考えなければいけないポイントは、何よりも優先して「視聴率の高いメディア」を作ることです。

ここでのメディアとは、ブログ、メールマガジン、YouTubeチャンネル、TwitterやInstagramなどのSNSアカウントなど、それらは全て「インターネットメディア」として考えてください。

ブログで言えばアクセス数、メールマガジンで言えば読者の数が、ここでの「視聴率」になります。

YouTubeチャンネルも、チャンネル登録者数、TwitterやInstagramであればフォロワー数が「視聴率」です。

アフィリエイトで大きな結果を出したいなら、まずは何よりも優先して、どうすれば「視聴率を高めるメディアを作れるか?運営できるか?」を考えてみてください。

P.S.

「どうやって人を集めれば良いの?」
「どうしたら視聴率が上がるのかわからない」

それなら、ここに良い方法があります、、、

詳しくはこちらをクリック


ブランドが無くても、大量にお客さんを集める方法(無料ビデオ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

実績:大手ASPアフィリエイターランキングTOP100以内。経歴:上場企業の広告代理店勤務、アフィリエイト歴7年。スキル:WEBデザイン、コピーライティング、ネット広告運用、WEBメディア運営、SEO、SEM、LPO、アクセス解析など。プログラミングも多少できます。