究極のSEO対策?

「ユーザーの役に立つコンテンツを作りましょう!」

「質の高いコンテンツを作りましょう!」

「裏技はありません!それがSEO対策の本質です!」

SEO対策についてしっかりと勉強すると、そういった話に結局のところ行き着きます。

質が高いか?役に立つか?価値があるか?

改めて言うことでもないかもしれませんが、これは自分が決めることではなく、相手が決めることです。人によっては良い本と感じても、人によっては悪い本と感じるかもしれません。

となると、、、検索エンジンの最終形ってどうなると思いますか?

僕は検索結果の順位は、検索するユーザーによって全く異なるものになっていくと思っています。

実際、そうなりつつありますが、まだまだそこまでではありません。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、Googleアカウントにログインしながら検索すると、その検索履歴や閲覧データなどから、ユーザーごとに検索結果が変わっていきます。

営業マンがクライアントごとに、同じ営業トークをすることはあり得ません。求められている会話をする必要があります。

最近、最近YouTubeもかなり仕様が変わりましたね。トップページも「あなたへのおすすめ」が一番最初に来ています。

Amazonもそうです。あなたへの「おすすめ商品」が、トップページに表示されます。

Googleの掲げる理念を考えれば検索エンジンも同じように考えられます。

一人ひとりの趣味嗜好、知識レベルに合わせた検索結果を表示する、そんな検索エンジンがベストではないでしょうか。

となれば、次の時代のSEO対策はどうなると思いますか?今よりも複雑になると思いますか?

いや、僕はめちゃめちゃシンプルになると思います。

1、ターゲットを決める(知識レベル・趣味思考)
2、ターゲットが検索するキーワードを想像する
3、そのキーワードで検索したユーザーが思わずクリックしたくなるタイトルを作る
4、そのキーワードに対して、ターゲットが求めているであろうコンテンツを作る

これができればSEO対策はOKってことです。

ターゲティングさえしっかりできていれば、SEO対策の時間的なコストの話で言えば、うまくやれば今よりも下がるかもしれません。

もちろん、今のSEO対策よりも高いスキルは求められますが、、、


ブランドが無くても、大量にお客さんを集める方法(無料ビデオ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

実績:大手ASPアフィリエイターランキングTOP100以内。経歴:上場企業の広告代理店勤務、アフィリエイト歴7年。スキル:WEBデザイン、コピーライティング、ネット広告運用、WEBメディア運営、SEO、SEM、LPO、アクセス解析など。プログラミングも多少できます。