モチベーションはどうすれば続くか?

作業が捗る日と全く進まない日があります、、、モチベーションが続きません、、、モチベーションが上がりません、、、

こういった悩みは誰にでもあると思います。

僕は「モチベーション」と「テンション」という言葉を、意識的に使い分けるようにしています。意訳すればモチベーションとは「動機」のことであり、テンションとは「気分」のことです。

モチベーションが上がりません、モチベーションが続きません、、、こういった言い方は割と一般的ですが、僕はそもそも言葉の使い方が間違っていると思います。

「動機」は上がるものでもなければ、続くものでもありません。動機は「ある or 無い」だからです。

ですので、タイトルは「モチベーションがどうすれば続くか?」としてみましたが、個人的には言葉が間違っていると思っています。「気分」は上がるものであり、続くものですから、「どうすればテンションが高い状態が続くか?」が正しいのではないでしょうか。

どうすれば、高いテンションは続くのか?

でも、普通はテンションは高い状態が続くものではありません。いつもテンションが高く明るい人は、明石家さんまさんくらいじゃないでしょうか?

気分を自由にスイッチON・OFFができる人はいるかもしれませんが、高い状態を続けることはまず無理だと思います。

「テンションが上がらない」
「高いテンションが続かない」

こういった部分でもし悩んでいるのであれば、まずは「テンションとはそういうもの」として理解するべきだと思います。

普通は、高いテンションを続けていることは疲れてしまいますし、そんな人は普通はいません。落ち着いてゆっくりするときもあれば、テンションを上げて一気に仕事に取り組む時間と区別することが普通です。

仕事のときにどれだけテンションを上げられるか?テンションを上げなくても良いときに、自分を落ち着かせて充電しておけるか?

こういったことを考えるのが大事ではないかと思います。

モチベーションはどこにあるか?

モチベーション(=動機)があると、テンションの上がり下がりはあるとしても、長い目で見て行動を継続することができます。

ビジネス書なんかを読んでいると「お金のために起業してもうまくいかない」なんて言われていることがありますが、ある意味当然です。

「お金が欲しいから起業する」という理由だけでビジネスを始めるなら、そこには「動機」が無いからです。

そこにあるのは「欲求」だけです。そして、欲求が高まったことでテンション(=気分)が一時的に上がっただけです。

継続力を高めたいなら、自分の「モチベーション」を考える

一時的にテンションを上げて取り組んだところで、間違いなく成果は出ません。1日だけ、誰よりもテンションを上げて筋トレしたところで、1年間筋トレを継続している人には絶対に勝てません。

結局、本当の意味での成果を出すのは「継続的に取り組んでいる人」ではないでしょうか?

そして、継続的に取り組める人と取り組めない人の違いは、モチベーション(=動機)を持っているか持っていないか?だと思います。長期的に取り組み続けられる行動力、それを継続力と言うのなら、自分の継続力を高めたいときには「自分のモチベーションを考えること」が大事だと思います。

モチベーションがある人は、行動を続けられるはずです。

「でも、自分のモチベーションなんて考えれば考えるほどわからないのではないか?」

そう考える気持ちもわかります。

でも、僕は人間のモチベーションには、それほどパターンがあるものではない、というのが僕の考え方です。むしろ、大きく分ければたった2つのパターンしか無いと思っています。

ひとつは「自分の成長」もうひとつは「他者への貢献」です。


ブランドが無くても、大量にお客さんを集める方法(無料ビデオ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

実績:大手ASPアフィリエイターランキングTOP100以内。経歴:上場企業の広告代理店勤務、アフィリエイト歴7年。スキル:WEBデザイン、コピーライティング、ネット広告運用、WEBメディア運営、SEO、SEM、LPO、アクセス解析など。プログラミングも多少できます。