計画通りにうまくいかないから、計画なんて立てない方が良い?

2018年もスタートしました。目標達成のために計画は立てましたか?計画を立てる、というのは、簡単そうに見えて難しいことのひとつだと思います。

僕は目標達成のためには二段階の壁があると考えていて、ひとつは「良い計画を立てられるか?」で、もうひとつは「その計画をきちんと実行できるか?」です。

計画通りになんていかない

「計画通りになんていかないから、ちゃんと計画を立てても意味はない」という考え方もあるかもしれません。しかし、やっぱり計画は立てるべきだと僕は思います。

その理由は、「良い計画を立てる力」も、PDCAを回せば回すほどうまくなっていくと思うからです。

「計画」という言葉を使うと、なんとなく幼稚な感じもしますけど、「計画」という言葉は「戦略」に言い換えれられると思います。

戦略を立てる力は、間違いなく大事です。

で、PDCAを回すことでしか「計画を立てる力(=戦略を立てる力)」はスキルアップしていかないと思います。

なぜ計画を立てることが大事なのか?というと、しっかりと最初に計画を立てていなければ、計画通りにいったかどうか?のPDCAで言う「Check」ができないからです。

PDAだけを回しても、当たり前ですが、向上していきません。

PDCAの「Plan」をしっかりと最初に決めておくからこそ、Checkで「良いPlanだったかどうか?」が反省できる、ということです。

ポイントは、曖昧な計画でなく、ある程度の一年間の行動の計画などを、紙やGoogleカレンダーに書いたりしておくことです。

あとで見返したとき、たとえ計画と現実が大きくずれていたとしても「最初に決めた計画がダメだったこと」がわかるからです。

計画通りにいかないことがダメなのではありません。「計画通りにいかないことがわかること」が重要です。ダメなことがわかれば、次のための反省ができるからです。

夏休みの計画も同じ

小学生の頃、夏休みの宿題の計画を立てていましたか?

僕は割と最初に一気にやってしまうタイプだったので、あんまり宿題に終われた記憶はありません。

ただ、3日前になって一気に宿題に手をつけ始めて、焦っている友達も多かったように思います。それも毎年。笑

ちゃんと計画を立てていれば、毎年追われることはなかったはずです。笑

受験勉強とかもそうでしたよね?「これくらいやれるだろう」と、かなり詰め込みすぎの計画を立てて、計画通りにいかない、、、そんな受験生も多かったと思います。

でも、しっかりと計画を立てていなかったら、「計画の立て方が悪かった」というのがわからないからこそ、失敗してもそこからの成長が無い可能性もあります。「やる気が足りなかった」というような、別のところに目を向けてしまうかもしれません、、、


ブランドが無くても、大量にお客さんを集める方法(無料ビデオ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

実績:大手ASPアフィリエイターランキングTOP100以内。経歴:上場企業の広告代理店勤務、アフィリエイト歴7年。スキル:WEBデザイン、コピーライティング、ネット広告運用、WEBメディア運営、SEO、SEM、LPO、アクセス解析など。プログラミングも多少できます。