これからの時代、顧客獲得コストはほぼ間違いなく上がっていく?

今、ウェブマーケティングを仕事にしている人で、これからの時代に生きて残っていけるのは「集客できるスキルを持っているかどうか」がポイントになっていくと考えています。

決して「今、お金を大きく稼いでいるかどうか?」は、ここでの話には全く関係ありません。重要なのは、一番の目的が「お客さんを獲得すること」に向いているかどうか?です。

今は低コストでお客さんを集めて、その都度お客さんを裏切るような稼ぎ方で荒稼ぎしているような人達もいますから、そういうやり方ではおそらく今後稼げなくなっていくはずです。

なぜなら、これからの時代はほぼ間違いなく新規顧客獲得のためのコストは上がっていくからです。ここでのコストとは単にお金がかかる、という意味だけでなく、時間がかかる、という意味も含めています。

集客なんてお金をかければいつでもできる、は時代遅れ

「集客はその気になればお金を出して広告費をかけさえすれば好きなときにできる」と言われていた時代もあります。もちろん、お金を出せばアクセスを集められるという事実は間違いないと思います。

ですが、今は広告を出してアクセスを集めたとしても、簡単にそのコストを回収できるほど1人あたりの顧客獲得にかかる広告費は安くない、と僕は感じています。おそらく、今は顧客単価を上げるための仕組みがしっかりと準備できていなければ、ほとんどの場合広告で集客しても赤字になってしまうのではないでしょうか?

たとえば、A8.netなどのASPをチェックしてみて頂きたいのですが、保険の無料相談を一件申し込むだけでも7,000円以上のアフィリエイト報酬が支払われます。

もちろん、保険は顧客単価が高いですから、何人か申し込みがあったうちの一人でも実際の保険の契約を取れればそれ以上の利益にはなります。それだけの報酬を払ってもプラスになるからこそのアフィリエイト報酬の設定です。

また保険の市場はすでに無料相談の申し込み段階だけでも広告費7,000円をかけているわけですから、実際の一人あたりの顧客獲得コストはさらに大きいことは間違いありません。

これまでは顧客獲得コストが低すぎた

僕はこれまでのウェブ集客は「一人あたりの顧客獲得単価が低すぎた」と思っています。これまではウェブマーケティング(ウェブ広告も含めて)がそれほど浸透していませんでしたし、ウェブを使った集客自体がまだまだマイナーでした。

しかし、今はむしろ「インターネットをビジネスに取り入れていない方が時代遅れ」という考え方は常識と言えます。特にコンテンツマーケティングは多くの企業も取り入れています。

また僕もおすすめしているステップでもありますが、「これから起業するなら(副業に取り組むなら)まずは金銭的リスクの無いアフィリエイトから始めてみよう!」と考える方も少なくないと思いますから、これからもきっとアフィリエイターも増えていくはずです。

このままの勢いでウェブ集客に取り組むアフィリエイター、企業が増えていけば、どんな市場でも顧客獲得コストが上がっていくことは自然と言えます。

それだけ参入する人も増えれば、同時にやめていく人も増えるだろう、という見方もできると思います。でも、それでも間違いなく言えることは「やめずに続けるのは、力のあるスキルの高い人達だけ」ということです。

ですので、もし仮に企業の運営するメディアの数、アフィリエイターの人数はあまり変わらないとしても、運営を続ける人のスキルレベルが、これまでとは比較にならないほど高くなることは間違いないと言えます。

よって、これまでのようにインターネットで簡単に集客できる時代は、ほとんどの市場で無くなっていく、つまり顧客獲得コストが引き上げられていくと考える方が自然です。

これまではウェブ集客は顧客獲得コストが低すぎたからこそ、新規顧客を集めて詐欺のような商品を売りつけては稼ぎ、次々と新規顧客を集めて詐欺のような商品を売りつけて稼ぐ、、、といったことを繰り返すだけのビジネスで稼ぐこともできたと思いますが、おそらく今後はできなくなっていくはずです。

できるかできないか?で言えばできますが、おそらくコストに見合わなくなっていくということです。

集客スキルこそ求められるスキル

顧客獲得のためのコストが高まれば高まるほど「集客できること」に価値が見出されていきます。ですから、今後のインターネット市場で需要が高まっていくであろうスキルは「集客」だと考えています。

もちろん、アフィリエイトで稼ぐことや、Googleアドセンスで稼ぐこと自体は全く悪いことではありませんし、否定するつもりはありません。

ただ「アフィリエイト報酬を稼ぐこと」や「Googleアドセンスで稼ぐこと」を一番の目的にしてしまうと、これからは顧客獲得コストが上がっていくとした場合、多くのライバルと顧客を高いコストで奪い合い続けなければいけないような、競争の激しいビジネスに取り組み続けることになるのではないでしょうか?

重要なのは、あくまで「顧客を集めること」つまり「集客」を一番の目的として、集客した結果として「アフィリエイト」や「Googleアドセンス」でアクセスをお金を稼ぐ、という順番を意識していくことです。

これからの時代、一番お金になるスキルは何よりも「ウェブ集客のスキル」になっていくのではないでしょうか?

今から地道に「特定のジャンルの顧客を集めるメディア」の構築を、地道に種を育てるように準備をしていくことで、将来「お金のなる木を育てること」につながると考えています。


ブランドが無くても、大量にお客さんを集める方法(無料ビデオ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

実績:大手ASPアフィリエイターランキングTOP100以内。経歴:上場企業の広告代理店勤務、アフィリエイト歴7年。スキル:WEBデザイン、コピーライティング、ネット広告運用、WEBメディア運営、SEO、SEM、LPO、アクセス解析など。プログラミングも多少できます。