ブログ記事には日付を入れるべき?入れないべき?

WordPressテーマにも、投稿ページに日付を非表示にする機能があったり、わざわざカスタマイズで日付を非表示にする方もいらっしゃいますが、僕はブログには「日付は入れるべき」と考えています。

インターネットが普及し始めたばかりの頃は、そもそもブログもなく、「日付を入れる」という概念もなかったですから、日付を入れない形も多かったと思います。

しかし、今はインターネット上のコンテンツは「メディアのひとつ」として一般的に認知され始めているように思います。

メディアということですから、インターネット上のコンテンツも本、新聞、雑誌、テレビ、雑誌と同じように考えていくべきです。

メディアで「日付を非表示しているもの」ってありますか?

特に本、新聞、雑誌、テレビ、雑誌などの情報は「いつ書かれたのか?」は重要なポイントと言えますから、多くのユーザーが気にすると考えるべきです。

「いつ書かれた情報かわからないからこそ」その情報を読む気にもならないと感じるユーザーも、今後は増えていくのではないかと僕は考えています。何より僕自身が、日付の表示されていないウェブコンテンツに対してそう感じてしまいます。

「日付を表示することで昔の記事が読んでもらえないというデメリットはないのか?」

そんな疑問もあるかもしれませんが、僕は「日付が昔だから」という理由から昔の記事が読まれない、ということは無いと考えています。

記事が昔だからと言って読まれない代表的な情報は「ニュース番組」のような「新しい情報」という部分に価値を置いているものだけです。

対して、「考え方」や「ノウハウ」が中心の内容であれば、読み手も日付が記載されているものの方が、当時の時代背景も汲み取って読んでもらえるはずです。

逆に、いつ公開された情報かわからないものほど、僕はいつもどうやって読み取れば良いのかわからない、と感じてしまいます。

むしろ「当時の考え方、ノウハウだからこそ価値があるコンテンツ」にもなり得るはずです。要するに、とりあえず「新しいものばかりユーザーが求めている」という前提自体が間違っている、と僕は考えています。

たとえば、昔の本だからと言って読まれないでしょうか?むしろ昔の本だからこそ、今読むことで価値がある本はいくらでもあるはずです。

メディアのコンテンツは、「日付を入れて昔の情報だと思われるから読んでもらえなくなる」のではなく、読まれていないなら「そのコンテンツの内容自体」に問題があると考えるべきです。

追記:

もちろん、ウェブコンテンツの全てに日付を入れる方が良いとは思いません。ユーザー目線になって、日付を入れる方が良いか?日付を入れない方が良いか?を見極めるべきです。

ポイントは、ウェブコンテンツは今や「メディア」として認知されているという点です。自分が作っているコンテンツを「メディア」で公開する、という前提で考えれば、どこに日付を入れるべきか?入れないべきか?の判断の基準になるはずです。


ブランドが無くても、大量にお客さんを集める方法(無料ビデオ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

実績:大手ASPアフィリエイターランキングTOP100以内。経歴:上場企業の広告代理店勤務、アフィリエイト歴7年。スキル:WEBデザイン、コピーライティング、ネット広告運用、WEBメディア運営、SEO、SEM、LPO、アクセス解析など。プログラミングも多少できます。