SEO対策の「記事コンテンツの質・価値を高めれば良い」を鵜呑みにするべきではない理由

「SEO対策のためには、記事のコンテンツの価値・質を高めることが重要です!」という話を繰り返すだけのSEO業者が多いように思います。

インターネット集客でも顧客獲得のためのコストが高まってきた今の時代において「ブラックハットSEO」を提唱しているSEO業者に比べればマシだと思います。

しかし「どうすればお金が稼げるか?」という目的のためのSEO対策が前提にも関わらず、「良いものを作ればSEO対策になります」という話を繰り返すだけってどうなのよ?、、、と僕は思います。

もちろん、そのSEO対策はGoogleの理念や目的を考えれば間違っていないと思います。しかし、今よりも良いコンテンツ、なんてものは結局はキリが無いものですし、時間をかけさえすればどれだけでもより良いものになります。

ということは、価値を高め続けることよりも「どんなユーザーに対して、どんな価値を、どうやって提供するか」が一番のポイントではないでしょうか?

そういう意味で、僕は「ビジネス」が前提にある限り、SEO対策ではコンテンツの質をただ追求していくことは必ずしも正しいとは言えないはずです。

検索エンジンに上位表示されるコンテンツとは?

当然、コンテンツのクオリティが低すぎればそれ以前の問題です。

具体的には、「そのコンテンツを公開することで、価値を感じてくれるユーザーがきっといるだろう」と見込めるコンテンツであれば「価値あるコンテンツ」となり得ます。

そういうコンテンツを作れるのなら、「今のコンテンツの質、価値をどう高めるか?」よりも「このコンテンツをどうやって広めようか?」を今すぐに考え、行動することの方が圧倒的に重要です。

しっかりと「そのコンテンツに価値を感じてくれるユーザー」をイメージして、そのユーザーにコンテンツを見てもらえるようなキーワード選定などで集客していけば、自ずとビジネスに繋がっていきます。

「コンテンツの価値を高めよう」という意識ばかりで取り組んでいると、ビジネスそのものがなかなか前に進んでいきません。

それに、価値を感じてもらえるユーザーに対して、今自分が作れる最大限のコンテンツを全力で誠実に提供していくことを続けていれば、自ずと作れるコンテンツの質は高まっていくものだと僕は思います。

自分の評価基準だけで商品やコンテンツを評価してしまい「なかなかコンテンツが公開できない」という状況は、必ずしもユーザーに評価されるコンテンツが作れるかどうかも保証されませんし、かなりもったいないと思います。

実際にお客さんに見せることで反応を得られますし、その反応を観察することでしか得られない「気付き」もきっとあります。

「誰かが価値を感じてくれるであろうコンテンツ」を作れるなら、コンテンツの質を高めることを改めて意識しすぎてしまうよりも、どんどん自分が今できる範囲のコンテンツを作ってガンガン公開していきましょう。

検索エンジンに上位表示されるサイト構成とは?

検索エンジンからの集客を考えたとき、ここまでの話に加えてポイントをひとつ挙げるとすると、「ひとつのサイトに書く記事はターゲットを一貫させる」という意識を持って取り組んでみてください。

「誰かが価値を感じてくれるコンテンツ」とは言っても、「記事Aと記事Bでは、価値を感じるユーザーが全く違う」というサイト構成では、間違いなくページビューと滞在時間を減らしてしまいます。

つまり、「誰かが価値を感じてくれるコンテンツ」とは言っても、そのサイトでターゲットとするユーザーは一貫しておく方が良いということです。

ターゲットユーザーを意識して1記事を書く、というよりも、サイト全体で見ても「特定のユーザーに価値を感じてもらえるサイトになっている」というイメージでサイトを構築するようにしてみてください。

自ずと「ユーザーに価値を感じてもらえて上位表示されやすいサイト」になっていくはずです。


ブランドが無くても、大量にお客さんを集める方法(無料ビデオ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

実績:大手ASPアフィリエイターランキングTOP100以内。経歴:上場企業の広告代理店勤務、アフィリエイト歴7年。スキル:WEBデザイン、コピーライティング、ネット広告運用、WEBメディア運営、SEO、SEM、LPO、アクセス解析など。プログラミングも多少できます。