インターネットビジネスで稼ぐための「文章力」とは何か?文章術関連の本を買う前に

稼ぐために「文章力」を本や教材で勉強する前に・・・

これまで、アフィリエイトで稼ぐために、あるいはコピーライティングスキルを向上させるために、そのための基盤を底上げする「文章力の向上」に目を向けてみたことがあるかもしれません。

コピーライティングとは、インターネットビジネスの業界では「文章で商品をセールスするスキル」であったり、もう少し範囲を広げて「文章で人の心を動かすスキル全般」を指すことが多いです。

アフィリエイトの場合においても、特にメールマガジンやブログなどのメディアを中心にビジネスを展開していくのであれば、「文章で人の心を動かスキル」は商品を成約させるためにそのまま役立つスキルとなるはずです。

しかし、注意するべきは「文章力の向上」を目的とするからという理由から、素直に「文章術関連の本や教材」を買って勉強することが、インターネットビジネスで稼ぐために必要な「文章力」に直結するとは必ずしも限らないということです。

一般的に言われている「文章力」と、インターネットビジネスにおける「文章力」とは、少し意味合いが違ったものであると考えた方が良いと僕は思うのです。

その理由は、インターネットビジネスにおける「文章の目的」と、一般的に言われている「文章の目的」が、必ずしも同じでは無いことがあるからです。

もちろん、だからこそ「文章術関連の本」を買うことがそのままインターネットビジネスにおいて役に立つこともあることもあります。

しかし、どれだけたくさん「文章術関連の本」を読んで勉強したとしても、全く稼ぎに直結しないこともあり得るということです。

もしかすると、コピーライティングスキルを高めるために「まずはとにかく様々な文章術関連の本や教材で勉強してみよう」と思われたこともあるかもしれません。

しかし、僕は「コピーライティング」をあくまで第一の目的にするのであれば、「文章術関連の本や教材を読み漁ること」には、あまり意味があるとは思いません。

少なくとも、これからコピーライティングの勉強を始めるのであれば、見境無く文章術関連の本を読むことから始めることは「間違い無く効率が悪い」と思います。

一体、どのような「文章術関連の本や教材」や「コピーライティング関連の本や教材」を読むことで、インターネットビジネスでの稼ぎに直結する学びを得ることやスキルの習得に繋げるられるでしょうか。

インターネットビジネスにおける文章力とは?

その問題を考えるためには、まず、

「インターネットビジネスにおける文章力とは一体何か?」

という質問を掘り下げて、インターネットビジネスにおける「文章力」のイメージをある程度明確にする必要があると思います。

目指すべき「能力」がはっきりとイメージできなければ、やるべきことの焦点がずれてしまうことは当たり前のことだからです。

インターネットビジネスにおける「文章力」とは、一体どのような「力」を指すと言えるでしょうか。

インターネットビジネスにおける「文章力」

常識的な日本語が書けることは前提として、インターネットビジネスにおける「文章力」について考えてみます。

そもそも、インターネットビジネスにおける文章の「目的」とは何でしょうか。

文章を書くことが必要になる場面を考えてみます。

たとえば、

・セールスレターを書くとき、商品の広告文を書くこと
・検索エンジンに評価されるブログ記事を書くこと
・メールマガジンに登録を促すための誘導文を書くこと
・・・

などの場面があると思います。

細かく分ければまだまだ様々な場面があると思いますし、細かい「目的」は文章によって様々と言えるかもしれませんが、もう少し抽象的な視点で見たとき、インターネットビジネスにおける文章の目的の大半は「説明をすること」にあると思うのです。

そのような視点で「インターネットにおける文章」を捉えてみれば、もう少し「高めるべき文章力のイメージ」が明確になっていくと思います。

伝えたいことを伝える文章を書ける力

たとえば、インターネットビジネスにおいては

・自分の主張に納得してもらいたいときの文章
・自分の考え方を理解してもらいたいときの文章
・自分の提案を説得して受け入れてもらいたいときの文章

を目的とする場合があります。

それこそ、僕のこのブログ記事の文章は「自分の考え方を理解してもらいたいときの文章」です。

そして、これらの文章の大前提として必要な力は「自分が伝えたいことを文章で伝えられる力」だと思うのです。

「伝えたいことを伝えられる文章」を書くためには、できるだけ自分が伝えたいことを過不足無い文字数で表現すること、適切な書き出しや適切な構成が考えられることなどが必要になります。

そんな「力」が、インターネットビジネスで稼ぐために求められるひとつの「文章力」だということです。

ターゲットにとって適切な文章を書ける力

極端に言えば、「幼稚園児向けの絵本」を読んで、「この作者は文章力が低い」「稚拙な単語しか使っていないら文章力が無い」と考えることはおそらく無いはずです。

しかし、そこまで極端な事例であれば「当たり前のこと」ですが、このように「ターゲットに合わせる文章」という意識を忘れてしまうことがあります。

ビジネスはあくまで「お客様ありき」の活動です。

先ほどの例で言えば、「幼稚園児が読んで楽しいこと」が絵本の目的なのであれば、幼稚園児にとって適切な文章を書いていく必要があります。

僕のこれまでの指導経験上、こだわりの強い方ほど「自分基準で文章を書くこと」に変に固執してしまい、なかなか文章が書けなくなってしまうことがあるように思います。

「自分はこういう文章が書きたい」「自分はこういうビジネスをしたい」というこだわりを持つことが大事になることもありますが、それでも「ターゲット」が反応しなければビジネスは成立しないことは常に意識するべきです。

ビジネス戦略のひとつとして、ターゲットを「自分」とする場合であれば「自分基準の文章」を書くことになりますが、そういった例外を除けば、あくまで「ターゲット」に向けた文章を書いていく必要があるということです。

ちなみに「自分にとって良い文章では無く、ターゲットにとって良い文章」という考え方を持つことで、文章の執筆が一気に早くなり、また収益も一気に伸びた、というクライアントさんがこれまでにも多くいらっしゃいます。

自分の基準とターゲットの基準がズレていると考えられるときには、その「ズレ」をしっかりと意識して、文章を書くようにしてみてください。

インターネットビジネスで稼ぐための「文章力」を高める方法

このように、ビジネスの目的を考えて「文章力」を捉え直してみれば、いわゆる「文章の書き方の本や教材」や「コピーライティングの本や教材」を学ぶことが、必ずしもインターネットビジネスの役に立たないということです。

たとえば、「厳密な言葉の使い方」「厳密な接続詞の使い方」「厳密な文法」などが中心になっている本も多いと思います。

そういった部分の知識は最低限必要ではありますが、いくらその部分を詳しく学んでいったとしても、インターネットビジネスで稼ぐことが目的であれば、

・伝えたいことを伝える文章を書ける力
・ターゲットにとって適切な文章を書ける力

といった「文章力」を身に付けることを優先させる意識が大切だということです。

本や教材で「文章力」を学ぶのであれば、そういった目的に合ったものを選ぶことで、「インターネットビジネスで稼ぐための文章力」が向上していくと思うのです。


ブランドが無くても、大量にお客さんを集める方法(無料ビデオ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

実績:大手ASPアフィリエイターランキングTOP100以内。経歴:上場企業の広告代理店勤務、アフィリエイト歴7年。スキル:WEBデザイン、コピーライティング、ネット広告運用、WEBメディア運営、SEO、SEM、LPO、アクセス解析など。プログラミングも多少できます。