ステップメールを取り入れるとビジネスの自由度が格段に上がる

ブログ、Twitter、facebook、キュレーションサイトなど・・・たくさんのメディアがあり、それぞれのメディアには特徴と強みがあります。

ステップメールにしかない強みのひとつは、一通一通メールを配信するシナリオが設定できるため、読者に読む順番を指定できたり、シナリオ分岐などのテクニックを使うことでビジネスの自由度を格段に高めることができる点にあると言えます。

たとえば、ブログは記事の順番やシナリオの流れなどを意識して投稿していくことは基本的にありません。

むしろブログの強みは、ひとつひとつの記事を訪問ユーザーの好きな順番で、見たい記事だけをピックアップして見てもらえる点にもあると言えると思います。

ブログ記事もステップメール原稿も「自分が主張したいことを伝える」という方向性は同じですが、ステップメール原稿を書くとき、ブログ記事を書くときに意識することに加えて、更にシナリオの構造やストーリーなども意識しなければいけません。

他にも、シナリオ分岐やステップメールを使ったプロモーションノウハウなど、ステップメールの機能を使ったならではの様々なテクニックもありますので、様々なことができる分、ステップメールは自由度の高いメディアと言えます。

あえて悪い言い方をすれば、ステップメールは「他のメディアに比べて意識しなければいけないことが多い、使いこなすことが難しいメディア」です。

だからこそ、ステップメールを効果的にマーケティングに取り入れることができているビジネス事例は少ないと思います。

しかし、自由度が高い分、ステップメールの機能や特徴を理解して使いこなすことができれば、インターネットマーケティングの可能性が大きく広がることは間違いないはずです。


ブランドが無くても、大量にお客さんを集める方法(無料ビデオ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

実績:大手ASPアフィリエイターランキングTOP100以内。経歴:上場企業の広告代理店勤務、アフィリエイト歴7年。スキル:WEBデザイン、コピーライティング、ネット広告運用、WEBメディア運営、SEO、SEM、LPO、アクセス解析など。プログラミングも多少できます。